teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
  2. 全力全開(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:11/475 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

予感と実際

 投稿者:白柳淳  投稿日:2017年 3月 1日(水)00時39分16秒
  通報
  去年の年末に長野県富士見町の友人の家を訪ねた時に、夢屋というカフェを見つけました。ここに入ったときは誰もいなかったのですが、アップライトの古い気になるピアノがありました。弾いてみたいけど誰もいないしなあ。と思いつつ棚を見渡すと、近くの「ライティングハウス」という照明器具のショールームのチラシがありました。

そこにはスタインウェイのピアノと蓄音機があるというので開いてるか分からなかったけど行ってみました。そしたらオーナー夫妻が快く入れてくれて、音楽の話をしたりピアノを見せて頂いたりしました。そこで鳴ってたスピーカーがとても良くて、ここで自分の弦楽四重奏曲の試聴会と演奏と解説を企画したいと思ったのです。

後日CD「朝陽のように」を持ってまた出かけたところ、「とてもいい曲だと思う、今こういう旋律の綺麗な音楽を作れる人は少ない。是非やりましょう」と言って下さったのです。そして東京の「スタジオピオティータ」と「ライティングハウス」の東京本店に私を紹介して下さったのです。

後日東京に出て2軒を訪ねました。「ライティングハウス」もすごい会場でしたし、「スタジオピオティータ」は自分で企画してでも出来そうな規模で、一度やってみたいと思う場所でありオーナーさんでした。早速会場を予約して打ち合わせしてチラシを作って「スタジオピオティータ」に送りました。


またその後日チラシを持ってライティングハウスに出かけ、ピアノも気になっていた夢屋にまた行ってみたのです。すると今年から「金、土、日、月」に店に入る事になったという方と会ってこの方と意気投合しました。ピアノも弾かせて貰ったのですがとてもいい音でいつか演奏したいなあと話してました。その方は「うちとしてはいつでもいいですから是非やって下さい」と言ってくれたのです。

私はこのあたりに知り合いは少ないし、ライティングハウスにも一言行っておかないといけないし、ギターの音出しはしなかったので、東京のチラシを渡して「また相談に来ます」といって帰りました。

それから一昨日、ライティングハウスに寄ってみたら「今、あなたの話をしてたところだ」と言われて大橋ピアノを持ってる方が近くにいるから、と紹介してくれてその方と会わせて頂きました。彼女は今日は忙しいということで「夢屋でちらっと顔を合わせるくらいなら時間取ります」と言う感じで会いました。夢屋の方とは親しいらしく彼から私の事を聞いてるとのことでした。

夢屋では、私のチラシを持って行動して下さったようで、山梨の友人に「この人が店に来た」とは話されたとき、その友人は私の「白柳淳作品集Ⅰ」「白柳淳作品集Ⅱ」を持っていて彼に聴かせてくれたそうです。そして彼は気に入ってくれて「そのCDがあれば買いたいし、店で演奏もして欲しい。それからチラシを店に置いてると、知ってるとか演奏聴いたことあるという人が数人いた」と言われました。

何となくここに行く方がいい、という気がする時に行くといつもだいたいこう言う感じです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:11/475 《前のページ | 次のページ》
/475