teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
  2. 全力全開(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:14/468 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

11月19日

 投稿者:白柳淳  投稿日:2016年12月 2日(金)11時30分35秒
  通報
  18日に実家に帰り新聞を読んでいたら神戸でやってる作品展の記事があったので行ってみることにしました。19日の午後から大阪の豊中市で行われている三木絵画教室の35周年の作品展があるのでそのために大阪に来たのですが、ついでに午前中神戸に出かけたのです。

それは神戸市の海外移住と文化の交流センターで行われていました。この神戸という町がブラジルへの移民の出発の拠点だった事を今に伝える場所でここの事を知る事が出来たのは良かったです。ただ目当ての作品展は、見ても何も思う事がなかったです。アートディレクターとか評論とか審査員とかしてる方が、「選んだ以上世に出す責任がある」とか新聞に書かれていたのと、12人も作家がいたので一つくらいはいいのがあるかなあと思ったのですが。

何を基準に選んだのか、どの作品のどこが良かったのか、全くわかりませんし、作家も評論家も午前中だったからか新聞に載った翌日で土曜日でしたけどいませんし、やる気があるのかわからなかったです。こんなとこまで足を運んで損したという感じでした。

せっかく神戸にまで来たので他のギャラリーのDMをかき集めて近い所何軒か行ってみました。ひとつのギャラリーではオーナーのご主人が元プロのオルガン奏者で今はプラモデルに凝ってるという非常に趣味の近い方で話が美術や展示と関係ない所で盛り上がってしまい時間が足りなさそうだったので残念ながら次回また来ますということにしました。

もう一軒では1階と地下1階に会場があり1階の作品はわかりませんでしたが、地下の作品はちょっと力強いものがありました。作家さんがおられなかったのが残念でした。2時から豊中の作品展のパーティーなので急いで神戸をあとにしました。

豊中では本当にほっとしました。10年近く?以上?前にみた三木絵画教室のいい空気がそのままだったのです。生徒達の描きたいものを描いていい自由な雰囲気からくる、全く好きなように描いたバラバラの作風。パステル、油絵、コラージュなんでもありの画材、そして三木先生と離れたくなくて子供が通えなくなったから親の私が通っているという生徒までいる雰囲気。35周年を讃える挨拶は途切れることがありません。

最初の出会いは、私が大阪で三木先生の作品展と知らずに立ち寄ったギャラリーで先生の方から私のギターケースのギュスターヴ・モローの絵を褒めてくれたんです。そして先生を本当に慕う生徒が会場に自然におられました。作品には気取らない、自然に、優雅な気持ちになる何かがありそれがこの先生の人柄だという事がすぐ分かりました。

「何か作品展される際にはぜひ連絡ください」と言って名刺を交換し年賀状をやりとりしたり作品展の案内を送ったりしてやっと再会出来ました。来年京都の万華鏡美術館で個展をされるそうなんです。きっと伺います。会えてよかったと思いました。嬉しかったです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:14/468 《前のページ | 次のページ》
/468