teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
  2. 全力全開(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:22/475 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

11月17日

 投稿者:白柳淳  投稿日:2016年12月 2日(金)11時15分52秒
  通報
  岡山のシークカフェに行ってきました。ここにはシュベスターのアップライトピアノがあり毎回弾くのが楽しみです。今回も重厚かつ煌びやかで落ち着いたいい音で大満足でたくさん弾いてきました。なんとなくお店にあるハガキを見てたらギャラリーのDMがあったので街に出かけてみることにしました。

今回は発見がありました。岡山市内にものすごい大規模な現代美術展が開催されていました。たまたま目に入った作品が面白くてパンフレットをもらいに行って無料の野外展示を駆け足で見ましたが、最初に見た作品が一番良かったです。

そして禁酒会館という場所できのこを題材にした作品展が行われていたので入ってみました。そこは味のある古い建物で、奥の部屋にはまた古く味のあるピアノがありました。きのこの作家さんにあのピアノは弾けるんですか?と聞いたら親切に管理人の方を呼んで下さって、この管理人さんから色々な話を聞きました。

この三階建ての建物にある食事を上げ下げする手動のエレベーターの事や、どの位置で止めても重りの重さでピタッと止まる窓、そして隣の岡山城の門の下からずっと奥の天守閣にまでつながっている大きな岩の話など、面白かったです。彼こそ岡山に住んで岡山を大切に思っている名管理人さんです。もちろんピアノもいい感じの音でしたよ。いつかここで何かやってみたいと思いました。

ただこの時残念だったのは、この門の前の広場に先ほどの現代美術の作品が立ち塞がってしまっている事です。これはここに展示することに意味があるのでしょうか?大きな岩に繋がるように上手に組まれた石垣は一見の価値がありますが、この美術品には全く価値を見い出せなかったです。この作品のない時にまた行ってみたいです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:22/475 《前のページ | 次のページ》
/475