teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


第234回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2016年12月 5日(月)19時26分55秒
返信・引用
  51さん!
書き込みありがとうございます!
誰が書いたのか見当がつくような、
使わないような気がしますが、
でも知っている人である事は
間違い無い気がします。

と言うことでお久しぶりです!

星野 源、いいですよね。

世間では恋と言う曲が
取り沙汰されていますが、
私は断然SUNと言う曲の方が好きです。

さてさて、本当に、
人間関係っていうものは難しくて、思い通りにならないことばかりですけども、

でもそれが実は私たちを
育ててくれていると分かってはいます。

わかってはいるし、
必要なことなんですけれども、
でも結局私たちは
辛いことや
苦しい事から
逃げたくなってしまうのではないでしょうかね。

ただ、そーゆー人間関係の問題や、
人間としての役割と言うものや、
うまくいかないことや、
うまくいくことなどを、
誰かと共有できることが
1つの幸せなのかなという気もします。

そういった意味では、
この掲示板を見てくれる人と
何かが共有できれば
お互いに幸せなんじゃないかなぁ
なんて思います。

うぬぼれかもしれませんが。

ということで!
数少ないこの掲示板閲覧者の皆さん!

ぜひあなたの思いも
ここに書き込んでみてくださいね!

シェアしましょう(^∇^)

ではまた!
 
 

>237回

 投稿者:51  投稿日:2016年11月19日(土)23時21分23秒
返信・引用
  秋っていいよね。

人生に七転八倒してたら友人から「そういう運命なんだね」と言われて
又吉直樹氏がミュージックポートレイトで紹介してた真心ブラザーズの「明日はどっちだ」並みにうるせえーなーと思った昨今です。

人間それぞれ相性で場面場面で役割がきっとあって

わかりやすくありがたーい耳が痛いことを言ってくれる人以外の、めんどうくさいことや嫌なこと言ってくる人とも互いのアラを押し付けあっている所がきっとあって

少し俯瞰の視点で、とりあえずひとり機嫌よく過ごすってのが自分にも周りにも健やかなことであるなぁと考えをこねくり回してます。

たとえばね親がボケて意思疎通とれない上で罵詈雑言かけられながら介護数年して尚、昔の分かち合えた時を忘れずにいることは体力がいるけど、薪木をくべるように大事なことだなと思ったりね。

物事や誰かに入れ込んで、思いの外、コントロールしようと思いすぎてて、娘を拒食症にさせちゃったり、現実との乖離に悩んで体壊すとか、よくありがちなことなんだねと思ったりね。

変わらず音楽が私の側にいてくれて、もう十分ですね。
一休歌仙氏は最近なんの曲聴いてるのかしら。
私は流行にのって星野源。ふふふ。

そんなことを思ったので書き込んでみました。
画面汚しご容赦ください。
 

第237回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2016年10月20日(木)17時08分33秒
返信・引用 編集済
  季節はすでに、秋である。

私たちは4つの季節の真ん中で生きていて、
そのくせ、どの季節にも属していない気がする。

春かと思えば夏になり、
夏と思えばもう秋だ。

時間は私を置いてどんどん過ぎていくのに、
少しぐらい待ってやろうと言う温情は無いようだ。

閑話休題。

私は、自分を北風が太陽かと問われれば、
迷わず太陽だと答えてきた。

きっとそれは間違っていないし、
これからも同じ質問に同じように答えるだろう。

でもたまに、太陽が良いのかと迷う時がある。
正確に言えば太陽だけで良いのかと思うのだ。

もし私の中に北風がいて、
太陽か北風かを使い分けることができるならば、
万人に対応するコミニケーションが
可能では無いだろうか。

しかし私は誰かに
北風をぶつけることを好ましく思わない。

自分がぶつけられて嫌な思いをしてきたからだ。

論語に、己の欲せざる所人に施す事なかれ、とある。
高校生の時、古典の授業で習ったこの言葉は、
一生私のモットーになっていくだろうと確信した。

事実、私のモットーであるし、
座右の銘である。


しかし、しかし思うのだ。

やはり春だけではダメだし、
かといって冬の厳しさだけでもだめだ。

欲を言えば、
北風か、
太陽かと言う選択肢ではなく、

春夏秋冬のどれかから
適宜選べるような男でありたい。

しかし実際には、
一生懸命春を提供してきたけれども、
気がつけばもう私に提供できるのは、
秋なのかもしれないと思ってきた。

それは、私が不惑をすぎて、
自分のあり方や存在を
本当に迷わなくなったから、
と言うことだけではない。

なんというかカテゴライズすることや、
決めつける事のむなしさ、
こうでなければいけないと言う価値観、
その価値観から外れていると
否定すると言う考え方。

そういうことに違和感を考える。

もちろんコミニケーションは、
自分のわがままを押し通すことではなく、
相手に合わせて
その共通項を探していくことに面白さがある。

しかし、
自分と違うからといってそれを認めないのは、
コミニケーションではなく
独善ではないだろうかと思う。

自分さえよければいいという考え方が、
堂々と闊歩しているし、
それでいいのかもしれない。


でも、秋だ。
ついに私は太陽であり、そして秋なのだ。

これから人生の冬に向かうにあたり、
本当に細やかな決意表明を
ここに記しておこうと思う。

私は私で良いのだと思うし、
あなたはあなたで良いのだと思う。

価値観も違う。
好みも違う。
竹内まりやの家へ帰ろうと言う曲のように、
違うところからのアウフヘーベンを探すことを、
できるだけモットーとしたい。

読者諸氏。
いつかここに
皆さんの考えを聞かせていただけたら、
幸いである。


では、また会いましょう。
 

第236回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2015年12月24日(木)19時28分15秒
返信・引用
  メリークリスマス!

今日この文章読むあなたが、
どこで何をしていようと、
とりあえずこの文章読む人が何人いようと、


メリークリスマスです。
今年も1年間、お疲れ様。

がんばった自分を褒めてあげてください。

どうぞ、よいお年を。
 

第235回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2015年 4月15日(水)01時26分42秒
返信・引用
  こうやって

いちにちがおわること。

あたりまえにおもうわたしがいる。

きみがいて、こどもがいて、
しごとがあって。

出会いがあって、
別れがあって。

わたしはあと何回
眠るむすこのあたまを
なでることができるのか。

何回でもできそうな気がするし、
かぎられている気もするし。

終の住処である気もするし、
仮初めのいのちとい気もするし。

結論はないし、
とりとめもないけど、

しあわせはかみしめたい。

今年もたくさん笑っていこう。
 

第234回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2014年 1月20日(月)13時37分8秒
返信・引用
  今年の目標をずっと考えていた。

適当で、耳触りのいい目標ならすぐにうかぶのだけど、
自分の心にストンと来る言葉がみつからなかった。

昨日、やっと「あ、これだな」という言葉が見つかったので、
ここに記しておく。

2014年の目標は
「自分で決断すること」
と、する。

思えば、今まで自分で決断していたつもりでも
自分軸で決断していなかったものがあった。

他人の動向や表情をうかがいながら
不本意な決断をしたこともあった。

「論語」で言えば「七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず」
(七十になると思うままに振舞ってそれでも道を外れないようになった)
である。

ただ、ここに行くまでには
「四十にして惑わず、
 五十にして天命を知る、六十にして耳順がう」
 (四十になってあれこれ迷わず、
  五十になって天命をわきまえ、
  六十になって人のことばが素直に聞けるようになった)
といったステップを踏まなくてはいけないのだが(笑)

まだ、迷ってばかりだし、
天命も見えないし、
素直に人の話が聞けない。

でも、「自分で決断」するのだ。
自分の人生に自分で責任を取るのだ。

ここで断言したからには、
引き下がれない。

優柔不断な私を見かけた方は
どうぞ遠慮なく言って下さい。

「うそつき!」

と。

=================
最近、メルマガを始めました。
よろしかったらこちらをご覧ください↓


http://merumo.ne.jp/00612281.html

 

第233回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2013年12月 4日(水)23時30分56秒
返信・引用
  いつか、気づくだろう。

いつか、君がこの文字を読む日が来るだろう。

そのいつかは、何年先かわからない。

でも、必ず来るだろう。

だから、その日のために

ここに記しておくよ。


いつも、ありがとう。

本当にありがとう。

今僕が生きているのは君のおかげだ、


ありがとう。

出会ってくれて、ありがとう。


たくさんの、愛と感謝が

君にそそぎますように。

たくさんの


愛と感謝をこめて。


出会ってくれて

本当に、

ありがとう。

http:/

 

第232回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2013年 1月23日(水)19時43分47秒
返信・引用
  37歳。

この年齢を世の人はどう思うだろうか。

中年であることは間違いない。
おじさん、おばさんだろう。

そうであるならば、
私は立派なおじさんだ。

昨日、私は37歳になった。
人生の折り返し地点に立ったという感覚を抱いている。

私は80年は生きて、孫やひ孫の顔を見たり、
私を慕ってくれる人たちの未来を見届けたりしたい。

そして、
私は今、歳を重ねることを幸せだと思っている。

この年になってはじめて知ること。
この年になって初めてわかることが毎年あるからだ。

先日はコーチングなるもののセミナーに参加した。
コーチングとは簡単に言えば聞く技術といくようなもので、
悩みを抱える人に寄り添い、
未来に希望を抱く手伝いをするためのスキルだ。

コミュニケーションスキルと言ってもいいだろう。

これを学びながら
今までなんとなくやっていたことを
意識してできるようになったと感じている。

もちろん、できていないことのほうが多い。

そして、できないことがあるから、
また、山登りの醍醐味を味わえる。

私の恩師、
山中正広先生からいただいた言葉に

「辿り来て、未だ山麓」

という言葉がある。

37年。
言葉にすれば長く、深い。

しかし、未だ山麓。

ここからの景色のほうがきれいなのは言うまでもない。

歳をとることが楽しみだ。

それもこれも
私のことをたくさんの人が支えてくれているからに他ならない。

ここで書き込むことで
いかほどの人に伝わるかわからないが、
せめて言いたい。

いつも、ありがとう。
これからも、どうぞ、よろしく。

素敵な2013年をお過ごしください。
 

第231回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2012年12月26日(水)09時10分1秒
返信・引用
  10年間乗った愛車とさようならをした。

113000㎞を越える走行距離、
何度も事故にも遭った。

いろんなところに行った。
いろんな人を乗せた。


とりあえずはありがとう、
FIT。

人間で言えば大往生だな。
本当にありがとう。
大好きだったし、
大好きだよ。

大切な親友だったよ。
ありがとう。

ゴクローサン。
 

第230回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2012年11月28日(水)19時29分44秒
返信・引用
  こんにちは、お元気ですか?ご無沙汰しています。

もう半年以上も前になりますが、
2012年1月29日に、飯能で行われた、てんつくマン(本名、軌保博光、のりやすひろみつ)という人の講演会に参加してきました。

そこでの内容が自分としてはかなり学び多きものでした。
それを自分なりにまとめてみました。
何か感じてもらうものがあればなぁ、と願ったりしております。

目を通していただいて、何かお気づきの点があればご連絡下さい。
また、特にお気づきの点がなければ、一緒にこの内容を共有できれば幸いです。



(以下てんつくマンの話した内容を箇条書きしたものです)
てんつくマンとは誰だ?→http://tentsuku.com/home.php

......................................

・幸せ・不幸せな出来事をどう受け止めるかによって決まってくる。
 今日はこれをみなさんに伝えたい。

・簡単に言えば、「受け取り方を変える」ということです。

・脳は簡単にだまされる。例えば、楽しくもないのに、Vサインをしていると、
 脳は「楽しいことが起きている」と勘違いする。

・みなさん、想像してみて下さい。
 できたてのフレッシュな犬のフンを踏んだ時、どう思いますか?
 大きくは次の5つに分かれます。

1、    最悪。ついてない。その日一日ずっと不機嫌。

2、    ちょっとやだなぁ。靴の裏についたフンを地面にこすり付けてなかったことにしたい。

3、    ふつう。まぁ、こんなこともあるか。仕方ない。

4、    ちょっとついてるかも。ウンを踏むなんて、運がついてきてるってことかな。

5、    よっしゃラッキー!今こそ宝くじ買わなきゃ!なんたって俺はついてるんやから!
 →あなたはどこに位置しますか。答えは千差万別です。
つまり、出来事の受け止め方は人それぞれなのです。

・子どもは100%ウンコが好きです。それが、いつのまにか大人になるにつれ、ウンコが嫌いになります。
 これは思い込みや、過去の経験がウンコに対する価値観を変えていったわけです。
 ウンコ踏むという行為は一緒。でも、それに対して「最悪」という人もいれば、
 「最高」という人もいる。
 →これを逆手にとって、「自分ルール」をつくってみたらどうでしょうか。

・ウンコ=最悪、じゃなくて、ウンコ=ラッキー、と捉える。
 ウンコを踏んだら、宝くじを買うというルールを作ってみる。
そうしたら、ウンコをふんでも不機嫌になるどころか、うれしくなる。
普通に宝くじを買うよりも当たる気がするし。

・それに、どんなにウンコを踏んだことを嘆く人がいたとしても、
それを10年間ひきずる人はいません。
 「あんときウンコふんだことがまぁだ忘れられへん……」

・全ての出来事はただの出来事です。
 いい出来事か、悪い出来事かを決めるのはその人の心です。

・出来事から何を学ぶか。
 出来事から学ぼうとしない→「きず」が残る。
 出来事から学ぼうとする→「きづき」が残る。

・勉強は、自分を含めて、周りを幸せにするためにある。
人を幸せに、世の中を幸せにするためにある。

・人間は基本的にはネガティブにできている。
 だから、何か出来事が起きた時に、マイナスの意味にばかりとらえてしまう。
 でも、ネガティブはすごい大事。
 たとえば、世の中にネガティブな人だらけだったら、
たくさんの人が「自分は大丈夫だろう」と毒キノコで死んでしまう。
だから、ネガティブは否定しなくても良い。

・ポジティブばかり集まる場所もある。
 パチンコや、競馬場。
 たとえ、何万円すっても「明日こそ」と考える。
 まさしくポジティブの巣窟。

・世の中には「私だけが不幸なんじゃないか」と思っている人がいる。
 そんな人たちのためにオキタリュウイチという人が「生きテク」というサイトを作った。
 自殺を止めるサイトで、このサイトで何人の人が自殺を思いとどまったという記録が
 残っている。http://ikiteku.net/
このサイトを見ると、人と出会うと、いろんな選択が増えるということがわかる。

・H&IのCMも素晴らしい。
 http://www.youtube.com/watch?v=nZMCCKBFk0Y&feature=player_embedded#<http://www.youtube.com/watch?v=nZMCCKBFk0Y&feature=player_embedded>!

・福島正伸という人は、さらにすごい。
 「死んだら地獄に行きたい」という夢を持っている。
 そして、地獄に行って、そこを天国に変えたい。
 方法としては、地獄で行う苦行は違うと思っている赤鬼がいるはず。
 その赤鬼の前で「こんな方法に意味なんかない」と訴え、ゆさぶり、
 仲間にする。そして赤鬼を仲間にし、青鬼を仲間にし……を繰り返す。
 そして、最後には鬼を見方につけ、閻魔大王につめより、
 罰を与えるのではなく、違う方法を考えていこう、と提案する。
 そして、いつしか地獄を天国に……と考えている。

・また、福島正伸は「僕は落ち込んだりしない」と明言する。
 その理由を聞くと「落ち込まないと決めたから」とのこと。
 なぜなら、落ち込むというのは、あきらめることだからだ。
 落ち込む=あきらめた瞬間。

・福島正伸の言葉に次のようなものがある。
「答えは100万通りある。1つではない。」
 例:ガンだと告知されると免疫が30%落ちると言われている。
   それは、ガンになったらもう助からないという答えしかないから。
   でも、もしかしたら助かるかもしれない、と思って
   希望を持てる病院を探せば「大丈夫、助かるよ」と
   言ってくれる医者がいるかもしれない。

・人生はチャンスしかない。
 楽しい時には笑顔が育つチャンス。
 苦しい時には心が育つチャンス。

・苦しい時もあきらめない。必ず自分の中に答えがある。
 人間の中には検索機能がある。
 答えは一つじゃない。必ず違う方法があると考えてみる。

・問題は必ず出会いを連れてやってくる。
 人だけじゃない。もの、本、映画……。

・今まで感動した映画を思いだしてみて下さい。
 最初は厳しい状態にいた主人公が、必ず苦しみを乗り越えていく。
 その姿に感動するのではないか。

・人生は山登りに近い。登っていると疲れるし、大変である。
 場合によってはツライ道が続くことがあり、途中であきらめて下山することもある。
 しかし、その先に最高の景色があるかもしれない。もったいないと思う。

・アメリカの90歳以上のおじいさんにアンケートを取ったところ、
 「後悔していることは?」の問いに対し、
 「もっと冒険しておけばよかった」と答えた人が90%以上もいた。
 今大ヒットしている「ワンピース」という漫画もテーマは冒険である。
漫画を通してキャラクターの冒険を通して、世界中の人が冒険しているのである。

・子どもにはお母さんの気持ちがそのまま行く。
母が子に言うと最強の言葉がある。
 「あなたの可能性は私が一番わかっているから大丈夫」という言葉。
 あなたは最初寝ていることしかできなかった。でも何度も何度も挑戦して
 寝返りができるようになったり、ハイハイができるようになったりした。
 あなたが立って歩けるようになるまで、何度もあきらめずに挑戦した。
 だから、あなたがとてもすごいってことは私(母親)が一番知っているよ。
 という言葉にはとても大きな力がある。

・逆にいえば、兄弟で比べるのは子どもにとってはツライ。「自分はダメだ」と
 インプットされる。

・うつ病を治す一つの方法として、「感謝して生きる」という選択肢もある。
 恐怖やイライラ、不安と感謝は共存できない。

・人にアドバイスをするとき、「絶対無理」「それは難しい」「人生をなめるな」というアドバイスは
 夢をかなえたことがない人のアドバイス。

・あとになってから「すべてはうまくいっている」とわかる。

・人はネガティブな時には最悪の問いかけが出てきてしまう。
 結果、だから私は不幸なんだと思ってしまう。

・自分が今、何を問いかけるか。とても大事。
 質問がとても大切。質問家といって、質問のプロにマツダミヒロという人がいる。
http://www.mahoq.jp/
 (悪魔の質問)→ネガティブな答えしか出ない質問
 どうして人生は面白くないんだろう?
 どうして仕事はつまならいのだろう?
 どうしてお金がないんだろう?
 どうして恋人ができないんだろう?
 どうして何をやってもうまくいかないんだろう?

 (未来をひらく問いかけ)
 何の制限もなければ、何をしたい?
 何を大事にして生きていきたい?
 トラブルの中に落ちている幸せの扉は?
 今しか学べないことは?
 自分の心はなんと言ってる?
 何にフォーカスするとワクワクする?
ストレスがたまった時→感謝してる?
 パニックの時→今、何にフォーカスしてる?

・自分自身が最高になる問いかけをする。
未来をつくるのは「今のキモチ」だと思う。

・人からもらった自信は一瞬で消える。
 逆にいえば、他人がいう「絶対ムリ」や
 自分の弱い心の「ムリかな」に惑わされる必要がない。

・1年後のことなんて誰もわからない。大事なのは今!

・目に見えるものではなく、どうやったらうれしいかな、と問いかける。
自分をほめる。

・過去のパターンを変えなければ、未来は変えられない。

・すべての出会いは良き出会い。
 すべての出来事は良き出来事。

・まっすぐがいいなんて限らない。
 自然の世界では、まっすぐなものなんてない。
 野菜でもなんでも、みんな曲がっている。

・人は思い込みの上で生きている。
 どうせだったら「たのしいこと」「うれしいこと」を思い込みましょう。

・未来と自分は変えられるけど、過去は変えられないという考え
 ↓
 実は過去も変えられる!
 過去の意味づけは変えられる。

・今のあなただから感じられることがあるはず。

・たとえ混乱した状況にあっても、
 「この中にあるすばらしいものはなに?」
 と問いかけてみて。

・正義感を捨てる。戦うということを捨てる。
 だきしめながら、たのしみながら、続けること。

<この日のてんつくマンの描き下ろし>

さぁ種をまこう
どんな花がいい どんな色の花がいい
花じゃなくても 野菜でもいい
果物もいい そう命を
植えよう
あなたが種をまくと太陽も
大地もみんな みんなが
力になってくれる
あなたの一歩が出逢いを
つくる
出逢いをうむ
さぁあなたの愛の種
えがおの種を

   てんつくマン

 

第229回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2012年11月19日(月)09時24分45秒
返信・引用
  高校生の時に考えたなぞかけ。

「大雪」とかけて
「東奔西走」とときます。




そのこころは?



「あっちにもゆき、こっちにもゆき」



オソマツ。
 

第228回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2012年10月 1日(月)01時42分30秒
返信・引用
  先日、久しぶりに小学校の同窓会があった。

六年三組だった私たちは、
三年に一度、再会している。

皆、恩師に、友達に会いたいからだ。

と、同時に教育の力の強さを実感した。
一人の先生の力、存在が
こうして20年以上過ぎても
色濃く影響を残している。

私には今、仕事において悩みがあった。

ぼんやりと書けば
太陽になりたい、
できるだけ月を避けて、
できるだけ夜を避けて
太陽でありたい、と考えていた。

しかし、恩師は言った。
「月でいい、夜でいいんだ」

友達は言った。
「相手を信じればこそ、月になれる。
夜になる必要がある。
その時にわからなくても、
いつかわかってくれると信じて」

私は逃げていたのか。

いや、むかっていた。
だから、
こうやって答えが、提示される。
アンテナに引っかかる。

もちろん、答えではない。
でも、今作ろうとしてる料理に
最高の食材をもらえた。

ありがとう。
 

第227回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2012年 6月30日(土)02時12分22秒
返信・引用
  「八日目の蝉」を見た。
やはり、演じている俳優が本気だと、
感動も本物になる。

子どもを持つ親として、
心にジワ~っと広がるものがあった。

久しぶりに、泣いた。

ラストのフェリー乗り場のシーンが秀逸。

永作博美さんは、
もっと評価されてしかるべきだろう。

チープな感想かもしれないが、
とても感動した。

涙止まらなかった。
子どもたちを大切にしようと思った。

見て良かった。
 

第226回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2012年 5月13日(日)23時00分5秒
返信・引用
  自宅勤務。

というか、休日返上で
仕事をしているだけだ。

もうかれこれ何時間もやっているのだけど
これがなかなか出口が見えない。

くわぁ~!って奇声をあげて叫びたいくらい
目が疲れてきたが、

自分がやりたかったことを
仕事にできていることを感謝して、
もうちょっと顔晴ってみよう。
 

第225回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2012年 5月13日(日)15時00分26秒
返信・引用
  すこし、掲示板をリニューアルしました。

というか、背景の色を明るくしました。
今使っているパソコンだと、
記事が読めなかったので。

いきなり色が明るくなっていてびっくりした人もいるかもしれませんが、
これからもよろしくお願いします。

一休歌仙

PS:最近「うたのわ」という短歌投稿サイトで
   短歌をたま~に投稿してます。
   こちらよりも更新頻度は高いです(笑)
   「蓮生広任」で検索してみてください。

 

第224回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2012年 5月13日(日)14時23分54秒
返信・引用
  中堅、という言葉がある。

どうやら自分はもうこの中堅というところにいるらしい。

頼られることも多くなったし、
尋ねられることも多くなったし、
教えることも多くなった。

10年前は逆で、
頼っていたし、
訪ねていたし、
教えてもらっていた。

しかし、私は
「もう一休さんは中堅ですね」とか
「もう一休さんはベテランじゃないですか」とか
言われるのがどうも苦手だった。

理由は単純で、
自分に自信がないからだ。

毎日、これでいいのかな、こんなんでいいのかな、と
石橋をたたきながら歩いている。

「一休、自信持っていいんだ、あんたはそれだけのことをやってきた」
「一休さん、俺からしてみたら本当にスゴイ先輩なんですよ!」
「一休さんの仕事っぷりを見て、感動したし、かなわないと思いました」
「今度自信がないと言ったら、怒ります」

などなど、
叱咤激励の言葉をここ何年かもらううちに
自信、とは言わないが、
自分がやってきたことを少し誇れるようになってきた。

かつて藤原基央は
「stage of the ground」で
「間違いながら 迷いながら
 歩いてく その姿が正しいんだ」
と歌ってくれた。

やっと、その言葉の本当の意味がわかった気がする。

なんというか、
中堅という言葉には
偉そうで、
謙虚なイメージがなくて嫌いだった。

それに、自分から謙虚な姿勢を取ったら
もう自分は成長できなくなると感じていた。

でも、違う。

今は、自分が中堅なんだと自覚できる。
もう新人ではない。
ペーペーではない。

私を必要とし、
私に意見を聞いてくれて、
私の指示や助言を求めてくれる人がいる。

そして、

自分に自信をもてないということは
今まで自分を育ててくれた人、
出会ってくれた人、
自分を認めてくれた人を否定することになると思った。

感覚的な表現で申し訳ないが、
最近、自分の中では
新しい階段を一つのぼった気がする。

気が付けばもう36歳。

そろそろ自分の顔に責任を誇りを持とうと思う。

自分の言葉を大切にしてくれている人も多くいて
手帳やノートやブログに
私が言ったことを紹介してくれている人がいて

そんな人たちがいるので
やっぱり
顔晴るしかないでしょう。


閑話休題。


剣道では団体戦で
先鋒
次鋒
中堅
副将
大将

の順に闘う。

かつて剣道青年だった私としては、
なんとか、中堅にまで辿り着けたのだとしみじみする。

しかし、

辿り来て、未だ山麓。

むしろ大事なのはここからだ。

このような掲示板、
何人が目を通しているのか知らないけれど、

あなたの人生も
お楽しみはこれからだ。



以上、
中堅になった一休歌仙が
お送りしました。
 

第223回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2012年 3月19日(月)09時48分37秒
返信・引用
  今日見つけた名言

「人を褒めるなら 生きてるうちに
 恋をするのなら 生きてるうちに」

THE HIGH LOWS「死人」


今更の感があるが、
今の、自分にはこの言葉が響く。

生きてるうちに、何をしよう。
 

第222回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2011年 8月18日(木)23時31分24秒
返信・引用
  こんな場末の掲示板、液体窒素以外に読む人なんていないと思っていたら、

まだ他にもいたので嬉しくなって久しぶりに筆を握った。

気付けば私の二児の父親になり、
白髪がチラホラと目立ち始め、
職場では「中堅」なんて言われるようになってしまった。


でも、幸せだ。

ありがとう。

誰が、
何時、
どこで、
この文字を読むのかわからないけど


ありがとう。

たくさんの人の
心の支えのおかげで
今の私がある。

ありがとう。


人生はいつ、
何があるかわからない。

だから、
お礼は言える時に言っておこう。

ありがとう。

あなたにも
たくさんの笑顔と幸せが訪れますように。

あなたが笑顔で元気ならそれでOKです。


では。

再見。
 

Re: 第221回(ゼンカイハマチガイ)

 投稿者:液体窒素  投稿日:2011年 6月 6日(月)23時02分49秒
返信・引用
  > No.517[元記事へ]

はい、その男、液体窒素です。
ありがとうございます。
過大評価も甚だしいです……。
これからも見に来ます。一休歌仙さん。
 

第221回(ゼンカイハマチガイ)

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2011年 6月 5日(日)13時44分39秒
返信・引用
  こんな、宇宙の片隅にあるような、
不定期かつ、小さな掲示板に
自力でたどり着いた男がいた。

その男は私の優秀な部下であり、
同志であり、
仲間であり、
師匠であり、
そして、ライバルである。

悩むことの天才で
我慢ばかりしていて
自己表現が下手だが
それを文字にスライドすると
魔法のように彼は言葉をつむぐ。

今までもそしてこれからも
彼のような男とは出会えないであろう。

ようこそ、液体窒素。

今度ここを見たら、せっかくだからなんかコメント書いておくれやす。

 

5月2日

 投稿者:ZERO  投稿日:2011年 5月 1日(日)19時03分22秒
返信・引用
  ただいま岡山の空はうっすらピンクがかっていてきれいな空です。
hideさん、明日も忙しい1日になりそうですね。
 

(無題)

 投稿者:_  投稿日:2011年 4月21日(木)20時04分10秒
返信・引用
  http://www.youtube.com/watch?v=b0oNjhnGDUE  

第213回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2011年 3月12日(土)06時27分10秒
返信・引用
  こんな震災の最中に、このページを見る人もいないと思いますが、くれぐれもご自愛下さい、

心配よりも
信じることが大事。
 

第219回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2011年 1月 1日(土)02時26分33秒
返信・引用
  あけましておめでとう。今年はもう少し更新します。はい。


おめでとう。
 

第218回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2010年10月20日(水)18時02分1秒
返信・引用
  久しぶりに更新。

こんな掲示板でも見てくれる人がいるので、久しぶりにカキコミしてみます。

ね?フミトくん?(笑)


とりあえずはテスト更新。
 

第217回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2009年 9月 5日(土)20時13分55秒
返信・引用
  東野圭吾「白夜行」読了。

分厚い文庫だったが一気に読ませる。

東野圭吾には当たり外れがあるが、白夜行は当たり。

「秘密」以来の大ヒットである。

読書の喜びを教えてくれる貴重な一冊と出会えた。

感謝。

ドラマもまた佳作。

これらのような本気の作品に触れると、人生ってすばらしいと実感する。
 

第217回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2009年 7月28日(火)00時38分27秒
返信・引用
  今日、息子とカブトムシのつがいをつかまえた。

たったそれだけのことなのに

世界中の幸せを

一身に感じた。

http://blog.livedoor.jp/hide_everfree/

 

第216回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2009年 6月22日(月)02時11分30秒
返信・引用
  今、勉強をしていた。


気がつくと、
うとうとと、寝た。

夢を見た。

それは二年前くらいに見た夢の続きで、
傾いた家具も、
古臭い家屋も、
家の間取りも、
二年前と同じだった。

夢の話はこうだ。


妻は茶の間で一人韓流ドラマに見入り、
私は寝室兼書斎で調べ物をしていたら、(夢の中にもかかわらず)うとうと寝ていた。

すると、
父が起こしに来た。
現実と同じで温厚な起こし方であった。
「こんなとこで寝てていいんかい?」
「勉強の途中だったんだんべ?」

私は内弁慶なので、
遠慮なく
「いいの!少し寝るだけだから!すぐ起きる!」
と心地良い眠りを邪魔された不快感を正直に伝えた。

父は少し寂しそうな顔をした。


そこで罪悪感を覚えた私は(元気の世界で)目が覚めた。

そして今、これを記して いる。
現実世界では
明日の仕事のために予習をやっていた。
その勉強のさなかに寝てしまったのだ。
傾いた家具や、
古臭い家屋などではなく、
現実の八畳の部屋だ。

妻は静かに寝息をたて、
息子は寝ぼけて
喃語のような寝言を
激しい寝相に合わせ
呟いている。



私はこの夢は
無意識の世界からの
メッセージだと感じた。

根拠はない。

直感だ。



今日は父の日だった。
両親に寿司を馳走した。

なんだかんだ、
私は両親が好きだ。
この二人から私が生まれ、
この二人に育てられた。

二人を否定することは、
私を否定することになるし、
あまり、楽しくない。

さて、メッセージはなんだろう?

今はわからない。
でも
不思議ながらも楽しい夢だった。
 

第215回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2009年 6月14日(日)02時23分44秒
返信・引用
  <プロレスラー>三沢光晴さん死亡 試合中倒れる 広島 (13日 22:12)
13日午後8時半ごろ、広島市の広島県立総合体育館であったプロレスリング・ノア広島大会で、試合中にノア社長でプロレスラーの三沢光晴さん(46)が倒れ、心肺停止状態で病院に救急搬送された。広島県警広島中央署によると、同10時10分に死亡が確認された。同署は主催団体や対戦相手などから事情を聴いている。
(毎日新聞)


巨星墜つ。

彼は私の高校時代のヒーローだった。本当に信じられない。

彼が存命のうちに、試合を一度見たかった。

後悔なんかしてもしょうがない。
が、
後悔の言葉ばかり浮かぶ。

キヨシローしかり、
三沢しかり。

神様は少し意地悪だ。


とりあえずは三沢さん、お疲れ様でした。
まずはゆっくり休んで下さい。

あなたのファイトは私に元気を与えてくれました。
大学受験のストレスを解消してくれたのはあなたです。

本当にありがとうございました。

リングの上での大往生。
かっこよすぎます。

今日はスパルタンXを聞きながら、
あなたの歴戦を
振り返りたいと思います。

ご冥福をお祈りします。
 

第214回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2009年 6月13日(土)19時53分6秒
返信・引用
  またまた短歌たまたま。


よどんでる空気を吸って笑えずに
ふさぎこんでる日だってあるよ


悩んでも解けない謎に嘆くなよ
「解なし」だって立派な答え


泣ける場所いくつも持っている君と
今日も溜め息貯めてる僕と


ウィンカー車は右に曲がります
赤信号の君がウィンク
 

第213回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2009年 6月13日(土)00時18分53秒
返信・引用
  結局僕たちはこうやって
歩いていく。

空なんか飛べなくていい。
近道なんかいらない。

ただ、
歩いていく。

http://blog.livedoor.jp/hide_everfree/

 

第212回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2009年 5月17日(日)08時49分3秒
返信・引用
  最近、感動した文章を引用する。

感動とか言っていいのかわかんないけど、非常に心に残った。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
甲本ヒロトによる忌野清志郎への弔辞

「キヨシロー。キヨシロー。あなたとの思い出にはろくなものはございません。
突然呼び出して、知らない歌を歌わせたり、
なんだか吹きにくいキーのハーモニカを吹かせてみたり。
レコーディングの作業中にはトンチンカンなアドバイスばかり連発するので、レコーディングが滞り、
我々はそのたびに聞こえないふりをするので必死でした。
でも今考えると全部冗談だったんだな。

今日も「キヨシローどんな格好してた?」って知り合いに聞いたら、
「ステージ衣装のまま寝転がってたよ」って言うもんだから、
「そうか、じゃあ俺も革ジャン着ていく」って来たら、なんか浮いてるし。
キヨシローのまねをすれば浮くのは当然だった。
でもあなたはステージの上はすごく似合ってたよ。
ステージの上の人だったんだな。

一番最近会ったのは去年の11月のThe Whoの来日公演、武道館の。
そのときあなたは客席の人でした。ステージの上ではなくて。
たくさんの人がキヨシローに憧れるように、あなたはロックンロールに憧れていました。
僕もそうでした。

そんな観客同士の共感を感じ、とても身近に感じた直後、
あなたはポケットから何かを出して、
それは業界のコネを最大限に生かした、
戦利品とでも言いましょうか、
ピート・タウンゼントのギターのピックでした。

観客の1人なんかじゃねえや。
僕があまりにもうらやましそうにしているので、
2枚あったうちの1つを僕にくれましたね。
(自分のポケットからピックを取り出して)これだ。ピート・タウンゼントが使ってたピックです。
これはもう返さなくていいよね。
ありがとう。一生忘れないよ。
短いかもしれないけど一生忘れないよ。


今日はありがとうを言いに来たんです。
数々の冗談をありがとう。
いまいち笑えなかったけど。
今日もそうだよ。
ひどいよ、この冗談は。
うん、でもなるべく笑うよ。
キヨシロー、ありがとう。

キヨシローを支えてくれたスタッフのみなさん、
家族のみなさん、
親族のみなさん、
友人のみなさん、
最高のロックンロールを支えてくれたみなさん、
ありがとう。
どうもありがとう。
あとひとつ残るのは、今日もたくさん外で待っているあなたのファンです。
彼らにありがとうは僕は言いません。
僕もその1人だからです。
それはあなたが言ってください。
どうもありがとう。

ありがとう ──。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

彼の葬儀はさながらライブのようで、私はこのような葬儀を他に知らない。

私が死んだら同じようにやってほしい……とまでは思わないが、
とにかく、最後まで、最期までカッコイイ人だった。
同じ時代を生きることができたことに感謝している。

ご冥福を祈ります。

http://blog.livedoor.jp/hide_everfree/

 

第211回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2009年 4月29日(水)16時44分52秒
返信・引用
  灰原氏書き込みありがとう。

どうせ
こんな更新が遅い掲示板なんて
誰も見てないんだろうなぁ…
とふさぎ込んでいたのだが、
一筋の光を見た気がする。

本当にありがとう。

灰原氏の書き込みについてのきちんとした返歌は次回に譲るとして、


とりあえず、ニュースを。


今日(4月29日)の
読売新聞の
埼玉版のページに
私の実名が小さく印字されている。


読売新聞主催の
平成万葉集に入選したのだ。

作品は後日掲載されるそうだが、
とりあえず名前だけ載っている。

もう嬉しくてしかたないので
何人見るかわからない
私の掲示板に
こっそり
自慢する。

ではでは。
 

だいめい枠

 投稿者:灰原大介  投稿日:2009年 4月18日(土)02時37分57秒
返信・引用
  そろそろほとぼりも冷めただろーってんで
一休さん、ちっす我です。


佐倉麻衣(15歳)
今が花よと
言われるけど
夏、秋、冬
がんばってるよ





一部の人は、やれ花見だなんだって一時期だけ桜をもてはやし、その実、桜の木を見ちゃいなくて。
これだってイメージの押し付けかも知んないけど、桜は花を散らしてからの11ヵ月くらいもばっちり生活してるし、向上心も持ってるんじゃないのかしら。桜自身は花をつけてる時期より次の花をつけるための努力の期間に主眼を置いていて、そのスタートの、五月くらいを大事にしている。

五月病とか他人の評価とかと闘う。

そこに、
春は様々なところで新一年生と呼ばれる人がいると思うけど、残念な大人に「サクラサク」とか謳われちゃってたとしても気にしないで、自分の世界で頑張ってりゃいいんだよ。みたいなエールを含ませたくて・・・


最初は難しい言葉を使って煙に巻き賢そうに、と思ってたがどうしても長くなってしまって。
色々こねくりまわしたらこんなことになっちゃった一首。

春の過ぎた、今の陽気だか妖気だかをテーマに。
 

第210回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2009年 4月15日(水)18時58分51秒
返信・引用
  洗顔を
したとき水を
冷たいと
感じない時
夏はもういる



初夏を感じる陽気をテーマに。
 

第209回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2009年 3月24日(火)17時03分26秒
返信・引用
  祭りに関わって七年。

もはや私のライフワークとも言われた
村祭りから離れることになった。


とは言っても間接的に仕事上の関わりは出てくる。

なんだかホッとしたような

なんだか力が抜けていくような



私の仕事。



祭りには
縁日花火が
必要だ!
三十路の男は
必要だった?
 

第208回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2009年 3月23日(月)08時28分57秒
返信・引用
  自転車で
君を後ろに
二人乗り
長い坂道
ゆっくり降りる


ゆず「夏色」をモチーフに




やはり、短歌が好きです。
片思いですが。
 

第207回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2009年 2月16日(月)09時37分16秒
返信・引用
  最近、
「音楽は僕のものだ」と思う。

この言葉は、
今かなりはまっているあるバンドのものだ。

UNISON SQUARE GARDENというバンドだ。

本当に最高で、
暗雲たる音楽業界にとっては採光で、
バンドとは何かを再考せずにいられない。

何が言いたいのかというと、
とりあえずUNISON SQUARE GARDENというバンドが好きだ!
ということ。

彼らと出会えたことは最近の最大の収穫だ。

素晴らしい。
 

第206回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2009年 1月 4日(日)10時39分57秒
返信・引用
  あけましておめでとうございます。

今年も暇で暇で仕方ない時に

この掲示板に遊びにきて下さい。

きっと更新していないと思いますが……(笑)

http://blog.livedoor.jp/hide_everfree/

 

(無題)

 投稿者:sinner  投稿日:2008年12月19日(金)10時40分3秒
返信・引用
  もうちょっと考えてからまたお答えしたいと思います。あるまさん本当にありがとうございました。  

Re:

 投稿者:あるま  投稿日:2008年12月19日(金)00時45分8秒
返信・引用
  > No.493[元記事へ]

sinnerさんへのお返事です。

「今世界で起きているテロや戦争、殺人や強盗、薬や人種差別などそういった悪いこと」

これらをなべて一口に語る言葉を私は持っていませんが。
たしかにこのうちのいくつかは誰かの暇潰しでしょうね。

でも、

それらでほんとうにsinnerさんの退屈が紛れたんですか?



諦観、絶望、苦痛、怒り、そしてこれら沸き上がる感情に対する苛立ち。そういったものを私はあなたに見受けたのだけれど、(違っていたらすみません)「世界に溢れる」かなしみよりも先に「目の届く世界」「内なる世界」に胸を痛め頭を痛めてはいませんか?



もしそうだったら。

もし退屈なら、もし苦痛なら。

例えば歌でも歌いませんか?

歌って何が変わるのかわかりませんが、別段、世界が悪くなるものでも無いと思います。
 

(無題)

 投稿者:sinner  投稿日:2008年12月17日(水)11時54分18秒
返信・引用
  あるまさん、asdfさん、一休歌仙さん、お返事ありがとうございます。                            つい最近わかったことなんですが、今世界で起きているテロや戦争、殺人や強盗、薬や人種差別などそういった悪いことも私たちの人生の中で少しは必要なのかなぁって最近感じます。                何も問題も起こらず、ずっと平和でただ普通に毎日を過ごすよりかは、何か起きたほうがいいのかなって気がします。  でなきゃ平凡で退屈なだけです。        犯罪は悪いことだけど何にも起きないよりかはあったほうがいいのかなって感じ始めているのですが…やっぱりそれも間違った考え方なのでしょうか?          また質問になってしまってごめんなさい。  

第205回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2008年12月15日(月)01時47分9秒
返信・引用
  冬の乾いた素敵な音が聞こえる。
足音にも季節を感じる。
自分が生まれた季節だからだろうか。
この空気感が好きだ。
この季節に見る星空は素敵で
この季節に飲むココアは無敵だ。

さて、
主が留守の間に大事な書き込みがいくつもあり、
慌てているところである。

>sinnerへの返歌
ようこそ、この部屋へ。
私はあなたが誰なのか全く検討つかないし、
どうしてここにたどり着いたのかも知らないが、
ここで会ったのも何かの縁だと思う。
以後お見知りおきを。

さて、sinner。
君は「人はぶつかりあい、傷つけあい、愛しあう」と
語っているね。
それは私も同感だ。
私は「クラッシュ」という映画を観た事が無いので
知ったかぶりはできないが、
人は衝突もするし、
傷つけたり、傷ついたりするし、
恋したり、愛したりする。
これは真理だと思う。

「突然出てきて
 わけのわからないことを言ってごめんなさい。」
いえいえようこそ。

「苦しみや悲しみがなぜあるのか?」
「人間の価値は困難と戦っているときにわかる。」
という疑問や言葉をきっかけにして
大事なことと向き合っているね。

私の考えは「asdf」氏が書き込みで
端的に言っているように、
「悲しみや苦しみが無いと、幸福を感じることが出来ない」
というものと同じだ。

人は満腹時にどんなにおいしい料理を食べても
その味をかみしめることはできない。
むしろ苦痛にかんじてしまうだろう。
逆に、
空腹時に、本当にお腹が減ってしょうがない時には
パン一個でも味わい、幸福を感じるものだろう。

苦しみや悲しみは空腹に似ている。
苦しいこと、悲しいことがあればあるほど、
幸せをかみしめられるのではないか。

苦しみや悲しみの感じ方は人それぞれで
「家族が殺されて幸せをかみしめられるか!」
「お金がなくて何が幸福だ!」
と言われれば閉口してしまうが
人は失ってみて初めて
そのものの本当の価値を知ることがある。

例えば家族を失うことほど
辛いことはそうそう無いが、
家族を失った時ほど、
家族と一緒に過した時間が
愛おしく感じる事もないだろう。

お金が無い時こそ
お金の有難みに気付くだろう。

キング牧師の言う「困難と戦う」とは
どんな意味が込められているのか
知ったかぶりは出来ないが、
推測はできる。

きっと
「苦しみや悲しみと向き合っている時に
 人の本質が表れる」
と言っているのではないだろうか。

家族と過した時間が幸せであればあるほど
失った苦しみは途方も無い。
しかし、その後、
家族の優しき思い出や佇まいは
ずっと心の中で生き続けるだろう。

家族と過した時間が乾燥した味気ないものであれば
その悲しみもパサパサで
その苦しみには味がないだろう。

悲しみや苦しみは
その原因となるものと
どれぐらい向き合っていたかによって
大分変わるものだと思う。

だからこそ
人が悲しみや苦しみと向き合った時、
その人の生き方が問われるのだろうし、
真価が問われるのだろう。

キング牧師の言葉を私なりに解釈すると
こんな感じだ。
だからsinnerよ。
「苦しむ」ことが必要なのではない。
「悲しむ」ことが大切なのではない。
苦しみや悲しみとどのように向き合うか、
苦しみや悲しみをどのように受け止められるかが、
大事なのではなかろうか。

良かったら、またあなたの考えを教えてほしい。

http://blog.livedoor.jp/hide_everfree/

 

(無題)

 投稿者:asdf  投稿日:2008年12月12日(金)01時12分22秒
返信・引用
  人間は存在するだけで、幸福なのだよ。よって幸福というものを感覚的に感じることは出来ない。苦痛は感じることは出来るけどね。存在している以上は痛みを感じるのは当たり前のことだよ。というか、無いと幸福を感じることは出来ない。  

Re:

 投稿者:あるま  投稿日:2008年12月10日(水)00時16分55秒
返信・引用
  > No.489[元記事へ]

sinnerさんへのお返事です。

キングさんはかなしみがいいとは言ってないように思います。

「なにか思い当たったやつはがんばれよ、芯を鍛えて輝けよ、輝けるよ。大丈夫」

くらいに受け取るというのはいかがでしょう?

私はその言葉

かなしみは当たり前で、いつも、誰しも、ブチ当たるけど。それは決まってるけど。
それでも人生を肯定してくれるエールを貰った。

という感想です。
 

(無題)

 投稿者:sinner  投稿日:2008年12月 9日(火)09時44分20秒
返信・引用
  人と人とがぶつかりあい                                      人は人を傷つける                        それでも人は人を愛していく                                  人間とはみんなぶつかりあいながら生きている。                何年か前にそんな映画を見たのを思い出しました。「クラッシュ」という映画です。                        突然でてきてわけのわからないことを言ってごめんなさい。      前に一度考えたことがあります。苦しみや悲しみがなぜあるのか?そんなものが必要なのか?と。            マーティン・ルーサー・キングが言っていた言葉でこんな言葉があります。            「人間の価値とは、全てがうまくいっていて成功しているときではなく、困難と戦っているときにわかるものだ。」                ならば悲しみや苦しみがあったほうがいいってこと?            自分の大切な人が殺されたり、お金がなかったりして苦しみに立ち向かっているほうがいいってこと?        でもみんなは幸せを求めていて、誰だって平和を望んでる。      自分の家族が殺されたら当然殺した犯人を憎むはず。そして悲しみや苦しみを感じるはずだ。                悪い言い方かもしれないけど、キング牧師はそれがいいと言っている。                家族が殺され、苦しむことがなぜ必要なのだろうか?            それともこの意見は間違っているのか?    誰か教えてほしい。  

第204回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2008年11月14日(金)08時01分30秒
返信・引用
  出会いと別れ。
先日、非常に近しい人から、仕事先が変わってしまう旨の話を聞いた。
まだ、詳しいことはいえないが、私にとって彼は本当に大切な友達であり、
大切な同志であった。
彼のような人との出会いは奇跡に近い。

彼は音楽が好きだ。
私も音楽好きを公言してはばからないが、
彼の音楽に対する入れ込み方、向き合い方は尋常ではなく、
まさしく尊敬に値する。
彼の所有する音源はそこらへんのCDショップの比ではない。
CDに限らず、レコードもかなり所蔵しており、
それらの中にはかなり稀少なものも含まれ文化的な価値すらある。

また、漫画の蔵書量も読書クレイジーの私を凌ぐ。
「魁!男塾」、「キン肉マン」といった男としての基本は元より、
「ゴーマニズム宣言」「サンクチュアリ」といった、
私が知らない漫画にもかなり精通していて驚かされる。

さらには、彼が美輪明宏の「真の」素晴らしさに気付いていること!
これは言葉では説明できないが、
私の同世代で、ここまで美輪さんを知り尽くした男を
私は他に知らない。

とにかく、彼の生きてきた文化!
彼が大切にしているもの!
それらが大きく被るのである。

そんな彼がそう遠くない未来、
新天地に旅立つ。

世に言う栄転であり、諸手を挙げて喜ぶべき出来事であるが、
私は素直に喜べない。

正直に言って、さみしい。

だが、後ろ髪を引くような言動は慎み、
彼と共に過ごせる時間を精一杯いつくしむだけだ。

まだ、心中複雑ではあるが、
1つだけ声を大にして言えることがある。

それは、彼と出会えてよかったということだ。

出会ってくれて本当にありがとう御座います。
厚かましいお願いですが、これからもあなたの映画の端役として
たまに登場させてやって下さい。もう少しだけ一緒に仕事してやって下さい。
 

第203回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2008年11月14日(金)07時59分54秒
返信・引用
  最近泣いた曲です。

手紙 ~拝啓 十五の君へ~/ アンジェラ・アキ

                  拝啓 この手紙読んでいるあなたは

                  どこで何をしているのだろう


                  十五の僕には誰にも話せない

                  悩みの種があるのです


                  未来の自分に宛てて書く手紙なら

                  きっと素直に打ち明けられるだろう


                  今 負けそうで 泣きそうで 消えてしまいそうな僕は

                  誰の言葉を信じ歩けばいいの?

                  ひとつしかないこの胸が何度もばらばらに割れて

                  苦しい中で今を生きている

                  今を生きている


                  拝啓 ありがとう 十五のあなたに

                  伝えたい事があるのです


                  自分とは何でどこへ向かうべきか

                  問い続ければ見えてくる


                  荒れた青春の海は厳しいけれど

                  明日の岸辺へと 夢の舟よ進め


                  今 負けないで 泣かないで 消えてしまいそうな時は

                  自分の声を信じ歩けばいいの

                  大人の僕も傷ついて眠れない夜はあるけど

                  苦くて甘い今を生きている


                  人生の全てに意味があるから

                  恐れずにあなたの夢を育てて

                  la la la...  Keep on believing

                  la la la...   Keep on believing

                  Keep on believing Keep on believing


                  負けそうで 泣きそうで 消えてしまいそうな僕は

                  誰の言葉を信じ歩けばいいの?

                  ああ 負けないで 泣かないで 消えてしまいそうな時は

                  自分の声を信じ歩けばいいの

                  いつの時代も悲しみを避けては通れないけれど

                  笑顔を見せて 今を生きていこう

                  今を生きていこう


                  拝啓 この手紙読んでいるあなたが

                  幸せな事を願います
 

第202回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2008年10月 5日(日)05時26分26秒
返信・引用
  神無月。

日本中の八百万の神は皆島根にいるのだろう。

さて、ずっと放置していたこの掲示板だが、
少しだけエアポケットができたので
日々の瑣事を綴ってみたい。

まずは、しっかりとした書き込みができず
申し訳ない。

言い訳を一言でいうならば
多忙だ。
別に芸能人ではないので
多忙なんて言ってもたかが知れているが
今年の夏は精神的にも肉体的にも
余裕がなかった。

近年ないくらいの自己喪失感だった。
とにかくその日を生きるので精一杯、
そんな感じだった。


だから、私の返歌を期待していた人がいたならば
本当に申し訳ないと思う。

でも、これに懲りず
今後も閲覧・書き込み・返歌を期待したい。
 

(無題)

 投稿者:ゆりか  投稿日:2008年 9月 8日(月)02時19分36秒
返信・引用
  福笑いさん
どうもありがとうございます。

私ものだめ、好きです。
あ、恋愛の話ではないのですよ苦笑
友人関係なんですが。
あることに対して意見が合わず
それで一方的に距離を置かれてしまいました
結局、悪い方向で終わってしまいましたが。
わたしは、自分なりに相手を受け入れようと、いろいろと頑張ってみたんですが(あくまで自分なりにですが。)
向こうはわたしのことを自分のレールに乗せようとするので
疲れてしまいました。
同じ列車に乗らない人間はいらない、ようなことを言われてしまいました。

ここで
『考えが合わないからもういいや』って相手を諦めるのは
相手を受け入れてないことになると思うんです
でも相手には『お前にはなにを言っても無駄』と言われてしまって。
これは諦めるしかないんですかね…

何かながながとすみません。



そして
先生へ
たまにはゆっくりしてくださいね。
あなたに余裕がないと
たくさんの人が
頼る相手をなくしてしまいます
もちろんわたしもです。
だからそのために
ゆっくり休んでください。
謝る必要も
気を負うこともないですから。
もう少し
元気になったら
お話しましょう。
近いうちに
ご報告に参ります。
 

決意の朝に

 投稿者:velvet candy  投稿日:2008年 8月24日(日)14時50分7秒
返信・引用
  決意の朝に/Aqua Timez
詞曲:太志

どうせならもう
ヘタクソな夢を描いていこうよ
どうせならもう
ヘタクソで明るく愉快な愛のある夢を
「気取んなくていい
かっこつけない方がおまえらしいよ」

一生懸命になればなる程
空回りしてしまう僕らの旅路は
小学生の 手と足が一緒に出ちゃう行進みたい
それもまたいいんじゃない?
生きてゆくことなんてさ
きっと 人に笑われるくらいがちょうどいいんだよ

心の奥の奥 閉じ込めてた本当の僕
生身の36度5分 飾らずにいざ we don't stop
けどまだ強がってるんだよ
まだバリアを張ってるんだよ 痛みと戦ってるんだよ

辛い時 辛いと言えたらいいのになぁ
僕達は強がって笑う弱虫だ
淋しいのに平気な振りをしているのは
崩れ落ちてしまいそうな自分を守るためなのさ
僕だけじゃないはずさ
行き場のないこの気持ちを
居場所のないこの孤独を
抱えているのは…





他人の痛みには無関心
そのくせ自分の事となると不安になって
人間を嫌って 不幸なのは自分だけって思ったり
与えられない事をただ嘆いて
三歳児のようにわめいて
愛という名のおやつを座って待ってる僕は
アスファルトの照り返しにも負けずに
自分の足で歩いてく人達を見て思った
動かせる足があるなら
向かいたい場所があるなら この足で歩いてゆこう


もう二度とほんとの笑顔を取り戻すこと
できないかもしれないと思う夜もあったけど
大切な人達の温かさに支えられ
もう一度信じてみようかなと思いました

辛い時 辛いと言えたらいいのになぁ
僕達は強がって笑う弱虫だ
淋しいのに平気な振りをしているのは
崩れ落ちてしまいそうな自分を守るためだけど
過ちも傷跡も 途方に暮れ べそかいた日も
僕が僕として生きてきた証にして
どうせなら これからはいっそ誰よりも
思い切りヘタクソな夢を描いてゆこう
言い訳を片付けて 堂々と胸を張り
自分という人間を 歌い続けよう
 

(無題)

 投稿者:fukuwarai  投稿日:2008年 8月23日(土)13時59分21秒
返信・引用
  不定期ぶらりネットサーファーの福笑いです。
超遅い1ヶ月越しレスですが、ゆりかさんへ。

>(無題)  投稿者:ゆりか  投稿日:2008年 7月24日(木)02時18分55秒

今尚、悩んでいるか、答えを見つけたかはわかりませんが、
私自身へ同じ質問を問うた答えを書きます。
好き嫌いはだめと強要するのも、好き嫌いは否めないとするのも
表現は違えど、愛には違いないと思います。

引用させてもらうと私の好きな漫画にのだめカンタービレがあるんですが、
以前、千秋君を教えてた先生ハリセンがのだめの演奏を聴き惚れ、のだめの専任の先生になります。
のだめはハリセンの凶器(ハリセン)や人柄から授業を拒否します。

ハリセンは凶器を「自分から学生への愛の形」だと豪語します。
千秋君はハリセンの授業拒否するのだめに共感しつつも、
自分ものだめに愛のムチ(暴力)をふるっていたことに気づきます。

ハリセンと比べ、千秋君の愛のムチが成立してたのは、
のだめが千秋君を好きだった(受け入れてた)からでした。

千秋君の提案で①ハリセンを捨て(愛の形を変え)
②のだめの好きなプリごろ太のフィギュアで教室まで誘い込み
③弁当を献上し④互いの望み書いた協定書を交わします。

ゆりかさんにもきっと変えられない愛の形があるでしょうし、相手にもあるでしょう。
好きな人だからこそ、許せなかったり、好きな人だからこそ受け入れられる変化。
決まった答えはないでしょうね。

何より、受け入れて変わったり、ぶつかったりしても、変わらず起こる引力が愛なのかもと思いましたよ。
何より無限ループの中でも喜びを見つけたり、共感することが恋愛の醍醐味だとも思うので
悩んでいるゆりかさんには失礼かもしれませんが、そんな存在がいることが羨ましくもなりました。

素敵な恋愛をして下さいね。
 

おおおい!?

 投稿者:sagara  投稿日:2008年 8月23日(土)13時12分47秒
返信・引用
  一等賞てめぇーーー!!今まで何処に雲隠れしてたんだ!!?w
すげー久しぶり。本物ですか(○△○)!?
 

そうです

 投稿者:  投稿日:2008年 8月22日(金)12時26分28秒
返信・引用
  一等賞の翔ですよ~。
今度ふみとと先生に会いに行くね!
 

翔に便乗して…

 投稿者:ふみと  投稿日:2008年 8月21日(木)21時14分19秒
返信・引用
  先生!
毎日楽しむこと忘れてませんか?
忙しさで自分見失ってませんか?
僕は先生からいただいたこの言葉を胸に日々行きております(笑)
今度翔と一緒に会いに行きます。


翔ってあの翔だょね?
Do?It?
一等賞!
 

先生

 投稿者:  投稿日:2008年 8月21日(木)08時09分22秒
返信・引用
  頑張れ!なんて言いません。無茶しないでほどほどにね。  

うそつきです。

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2008年 8月20日(水)00時28分44秒
返信・引用
  ちっとも更新できていません。

でも、ちょっと今の私には
肉体的にも
精神的にも
余裕がありません。

ここ何年かでも
最大級の山場のような気がします。

主のくせに
ほったらかしですみません。

むしろみなさんに励ましの言葉を頂戴したいくらいであります。

すいません。
 

センチメンタルピリオド

 投稿者:velvet candy  投稿日:2008年 8月16日(土)01時09分6秒
返信・引用
  センチメンタルピリオド UNISON SQUARE GARDEN
作詞:田淵智也 / 作曲:田淵智也

自転車に飛び乗って空を探したけど、雨
英雄気取って放物線描いたけど、雨

「高性能のヘッドフォンなんで世界の音も聞こえません」
リピートステレオ鳴らして背伸びする少年、みたいな
愛を謳っていた道化師たちも自分がウソツキって知ってた
その分よろめいてるならいつまでもカラッポシンドローム、みたいな

低空の低空を走ってるのが僕なら
紐解くステイドライフ、この手は離さないでいよう
そしてひとつずつを踏み締めてるそのスタイルはどうでしょう
まるで使い古した暫定状態それも別に悪くねぇよ、バイバイ

形あるものだけを空に映したレインボウ、未完成
未来永劫を照らしてるかのようなレインボウ、未完成

ロックだけで暮らしていけるなんて言い訳にしか聞こえません
ブレイブストーリー描いて満足する少年、みたいな
暗闇に放った魔法さえも2,3秒でなくなっちゃうだろう
それだけで完成しちゃうならいつまでもカラッポシンドローム、みたいな

現状の警鐘を鳴らしてるのが僕なら
紐解くステイドライフ、この手は離さないでいよう
そして不恰好で不器用でもかまわねぇ、それもいいだろう
まるで使い古した査定状態それも別に悪くねぇよ、バイバイ

「高性能のヘッドフォンなんで世界の音も聞こえません」
リピートステレオ鳴らして背伸びする少年、みたいな
愛を謳っていた道化師たちも自分がウソツキって知ってた
その分よろめいてるならいつまでもカラッポシンドローム、みたいな

低空の低空を走ってるのが僕なら
紐解くステイドライフ、この手は離さないでいよう
そしてひとつずつを踏み締めてるそのスタイルはどうでしょう
まるで使い古した暫定状態それも別に悪くねぇよ、バイバイ
 

おいおい、稀代の釣り師さんよおw

 投稿者:240日  投稿日:2008年 8月 6日(水)04時31分19秒
返信・引用 編集済
  やーい、東○クリーンセンターへの不法投棄を繰り返す、この触法教師め!w
北海道は帯広に家族を強制連行して、大地の歌人を標榜するとか豪語してたよねぇ〜。
まぁ今後は、悩めるあどけない教え子に、また●を▲しちゃったりしちゃダメだからネ♪


※管理人の指示に基づき文面を修正いたしました。

 これにて、正当なる復讐完了。
 あんたのことは大好きだから、悪しからず。
 

すいません

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2008年 8月 5日(火)08時20分10秒
返信・引用
  もうすぐ、返歌書きます。  

(無題)

 投稿者:ゆりか  投稿日:2008年 7月24日(木)02時18分55秒
返信・引用
  話をぶったぎってしまってすみません。

前回の書き込みから時間が経ちましたが
わたしにはやはりよくわかりませんでした。
わたしは愛されてない、とは思ってないし
わかってることはちゃんとわかってるのですが
わからないのです

突然話が変わるのですが
セロリ、という歌がありますよね。

好き嫌いはだめ、と言って無理矢理食べさせるのが愛か
育ってきた環境が違うから好き嫌いは否めない、って食べさせないのが愛か

ずっと考えています

色々な事がそう。

でもいずれも相手を思ってこそのこと。

受け入れるって
結局我慢ですか?
妥協ですか?

それはなんだか違う気もする。

よくわからなくなって
無限ループします
 

(無題)

 投稿者:福笑い  投稿日:2008年 7月 7日(月)01時50分48秒
返信・引用
  悩みの

鍵はいつどきも、双方の気持ちや心意気の問題ではなく
タイミングと的確な言葉にあると思う。

愛情いっぱいで抱きしめても、病気は治らない。
そんな単純なことじゃない。

今回のことで言えば
人それぞれにやり方があって、伝え方がある。

皆同じ感性は持ってないから、
誰も誰かにぴったりな
タイミングと的確な言葉は持ち合わせていない。

けれど悩みを吐き出してくれたあなたに

私が考える、あなたの糧になろう食べ物を用意しよう。
食べるかは、あなた次第。
消化するか、あなた次第だけど。

用意した中に嫌いなものを見つけるかもしれない。
それで、好きなものがわかるかもしれない。

世の中を好き・嫌いだけで済ませてしまうなんて勿体無い。
あれが気になる、前好きだったけど今はいいや、
一見移り気だけど、見渡せば周りへの興味で溢れています。

世も人も移り変わっていく。
日々、知らないことが増えていく。

自分は10年後、どうなってるのか不安でいっぱいになる日も
時を読んで
自分がどう変化していくのか楽しみで胸膨らむ日もあって良い。

喜怒哀楽、以上に感じることは世の中に満ちていますよ。
人と出会えば尚更。

>迷える人さん

できるなら、あなたと対話がしたかった。
オコガマシイことを承知で言えば、力になりたかった。

一休歌仙の問い
「君の人生のゴールや
生きがい、喜びはどこにあるのだろうか?」
返歌を聞かせてほしいです。

あなたの考察のひとつ
たとえ生きててよかったと思っても、
そうは思わない人だっているはず。

思う、思わないを
自分で選べることだとしたら、あなたはどちらを選びますか?
 

BUGSYさんへ

 投稿者:凡人  投稿日:2008年 7月 6日(日)04時29分7秒
返信・引用
  BUGSYさんの仰ることはとても真っ当な意見で、私に対するお怒りもごもっともだと思います。確かに私は彼のことも特に何も分かりません。BUGSYさんのようなご意見で私の書き込みに不快感を持った方もやはり沢山いることでしょう。
ただこういう考えの人間もいる、ということです。私は私なりに彼の昔からの書き込みを読んでいて、その上での書き込みです。
突然書き込みをしていけないことは無いと判断しますよ。ここの掲示板にはそういうルールは無かったと思いすから。
後私は別に人一人のために何かしろと言っているわけではないです。そして彼の書き込みを気に食わないと思ったから書き込んだまでです。その一言で追い詰められて自殺なさったら私は実刑ですし故人の家族・友人から責められ罪の意識で苦しむかもしれませんが、それも自分の発言の責任でしょう。
ただふざけて書き込んでいるわけでは勿論ありません。
私にとって家族や友人ではない方が亡くなっても、申し訳ないけど悲しみの念を抱くのは難しいです。凄惨な事件であったりニュースで報道されているものに感じるものはありますが、それも新しい報道や時とともに忘れていってしまうものです。
ただどんな形であれ私が加害者になったときは、上で書いたような大きな後悔が渦巻くのでしょう。
私の意見は、迷える人さんを救おうとしたものではありませんが、悩みがある人に言葉を投げかけるとき、皆が皆優しい言葉と考えを持って話すわけではありませんよね。
先日の書き込みは私なりの確固とした真剣な意見であり、それが彼に対して優しいものでないからといって言葉を曲げることを私はよしとしません。私がそれをすると偽善になるからです。私は偽りの優しさなど人に向けたくはありません。
ただ、BUGSYさんや一休さんや福笑いさんのような優しい意見を真摯に投げかけてくれる人もいます。どの意見が彼の救いとなりどの意見が彼を追い詰めるかは彼自身が判断するものですし、自分の意見がどう受け止められようと発言に責任を持つ覚悟を持って挑んでいますから、私はこのままなのです。
前にも書きましたが、私は彼の救いになりたいと思って書き込んでいるわけではないので、BGSYさんの目から見れば私の意見は納得しかねるのでしょう。でも私も鬼ではないので、皆さんの言葉で彼に光明が見出せたらそれは本当に素晴らしいことだと思います。

人の個性の都合上、レスは無いですが迷える人さんと私の意見が相容れることはなさそうですし、これ以上ここの掲示板の雰囲気を悪くしてはユーザーの皆さんや管理人さんにご迷惑がかかるかと私も思いますので、今後書き込みは控えることにしようと思います。

こうやって意見を交換すると、やはり様々な考えを持ってみんな生きていて、人というものは本当に面白い生き物であると思います(^-^)
この面白い生き物が回す世界を、迷える人さんも楽しんで生きる事が出来るようになったら素晴らしいことですよね。こんなに心配してくれる人がいるんだから、この世界もまだまだ捨てたものではないと。
今日はBUGSYさんが私の先生となり、また一つ私は多用な考えを学んだのです。
貴重な場をもてたと思います。変な話ですが、BUGSYさんご意見ありがとうございましたm(__)m
 

凡人と名乗る方へ

 投稿者:BUGSY  投稿日:2008年 7月 6日(日)02時44分10秒
返信・引用
  今迷える人さんに対して説教しても迷える人さんにとってしてみれば余計落ち込み、余計孤独感が増えるだけだと思います。あなたは彼の何を知ってるのですか?彼と全く同じ苦しみを経験したことがあるのですか?あなたは彼に対して何かしてあげたことがあるのですか?彼が世の中のために何もしてないってどうしてそんなことあなたがわかるのですか?何か行動をとってるかもしれないじゃないですか。それなのに会ったこともないくせに突然出て来て、偉そうに説教しないでほしい。確かに迷える人さんは自分勝手かもしれないですけど、彼は苦しんでいるんです。あなたこそ人一人のために何かしたことがあるのですか?          彼が生きようが死のうが一切関係ないだなんて言葉は許せないと思います。第一あなたこそ関係ないと思うのなら彼に対して書き込む必要なんてないんじゃないですか?ただ書き込みが気に食わないからって説教を言いに来たのですか?その一言で彼が追い詰められて本当に自殺したらどうですか?もし迷える人さんがあなたの家族や友人でなければ関係ないで済ますんですか?彼に厳しく言ったってそれで彼の悩みが治るわけないじゃないですか。それでも彼を煩わしく思うのであれば、彼に対して書き込みしないでほしい。彼をより苦しませるだけです。今はそんなことより彼がどうすれば解決できるかが問題なのではないでしょうか。  

迷える人さんへ

 投稿者:BUGSY  投稿日:2008年 7月 6日(日)02時24分15秒
返信・引用
  迷える人さん        あなたの考えていることが少しだけわかる気がします。人一人の命がどれだけ大切なものか私は知っています。だからこそあなたを救いたい。                返事をください。    何があったのかを教えてください。  

はい、はい、真剣なところ悪いですね。乱入~(゜∀゜)!

 投稿者:凡人  投稿日:2008年 7月 5日(土)04時18分13秒
返信・引用
  >迷える人

この世界に絶望しているような発言を散々並べておいて、真剣なその返歌に対してとてもいい人達ばかりだ、などというなんの中身も無い薄っぺらな言葉のみ返信する貴方に脱帽です。
6月17日の貴方の投稿から察するに、世の中良い人ばかりじゃないとちゃぁんと分かっているんじゃないですかwその通り、一休さんや福笑いさんのように限りない優しさを持って貴方を甘えさせてくれる人ばかりではありません。貴方の独りよがりで我儘で極めて幼稚な書き込みを煩わしく思っている人も、ネットで繋がった先に沢山いる、という事を理解しましょう。そう、私含め彼らには貴方が生きようが死のうが一切関係ないのです。
世界中の大多数の人が、自分がどうなろうが凡そ変化の無い日常を送るという事実を知っている。では何故貴方はこんなネットの片隅で自分を独白するのでしょうか。
自分が生きていようが死んでいようが関係無い人達に向けて言葉を発信しても、それこそ何の得にもならないし何も変わりませんが。
意味の無い生に疑問を抱く貴方の考えでいえば当然、だったらこんなところに書き込む必要は無いですよねw
しかも貴方の発言は少なからず人に不快感を与えることもあるでしょうから、何も得がないどころかむしろ不の要素をはらんでいると言えるでしょう。
〝悪〟が嫌いな貴方が不の要素を全世界に向けて発信するとはおかしな話ですねw
貴方が生の喜びを感じている反面それを良く思わない人がいたとして、他人の感情が何故その人の存在意義を決定する要素になり得るのでしょうか。自分の存在意義を他人に委ねるなど、なんと無責任なことでしょうか。

自分を取り巻く世界への不平不満や自分の生への絶望感ばかり貴方は書き込みますね。
問題だらけの世界の中、日々の細やかな喜びを感じ、夢や生き甲斐を探し出し日々努力し脱皮を重ね自分を成長させ、原油価格高騰の物価高の中倹し、世界を構成する小さな小さな部品の一つとして社会の一員となって一日一日を必死に生きる。
そんな忙しい生を送るごく普通の人である私達の目には、絶望の果てに死ぬこともせず、希望を見出して前向きに生きることもせず、自分も世界も何も変えようと働きかけない貴方が、貴方にとって都合が悪い厳しい意見を投げかけてくる人がいない様な優しい掲示板で、ダラダラと屁理屈ばかりこねているのは大変滑稽にうつります。
貴方の理屈は金ではなく真鍮だと、一見して伝わりますよ。

かまって欲しいなら格好つけた文章で自分を飾り立てず、素直にそう言いなさい。
自分の話をするだけではなく、他人の話にも耳を傾けなさい。
人の意見を取り入れ、他方向からものを見て考えられる柔軟な思考を持ちなさい。
 

(無題)

 投稿者:迷える人  投稿日:2008年 7月 3日(木)01時26分23秒
返信・引用
  とてもいい人達ばかりだ。でももうこれ以上ずっとここで議論していても、俺のこの絶望感は変わらない。状況が悪化した。最低だ。俺はもう消えるよ。  

福笑い

 投稿者:福笑い  投稿日:2008年 6月24日(火)23時44分41秒
返信・引用
  迷える人さんにとって何の足しにもならないでしょうが、私が言えることだけ伝えたいと思います。

迷える人さんは正義感が強く、とても純粋な人なのでしょう。

夜の街。歓楽街はそんなに悪に満ちているでしょうか。

薬に手を出してしまった人。何かで気を紛らわせたい程、辛いこと、もしくは何も面白くなくて始めた人ではないか=きっかけは誰しもが共感できる・思い当たるものではないでしょうか。

使い始めるのと思い止まるのではその人と周辺の人生にとって、大変大きな違いですが、言うなれば「悪」は使う人ではなく、薬とそれで生計を立てている売人だと思います。

「こんな汚れた世界から早く抜け出したい」ならば、朝や昼の仕事を探し極力、夜の世界と接さない生活を送るのは如何でしょう。大抵のことはやろうと思えば、できないことなんてないんじゃないですか。

合わない事なんて、靴から相性からしょっちゅうあることですよ。迷える人さんが夜に固執する訳は何ですか?

人は小さい世界でも生きていけるものです。生きていける人が多い故に、その世界に合わない人が苦しんで、世界の広さを知らずに自らの命を絶つことはとても残念です。

世界は誰が思っているよりもずっと、広い。

自分の世界の狭さを知ってる人はいても、世界の広さを全部知ってる人なんて、いないんですよ。

世界をもっと、自分をもっと知ろうとして下さい。

悪を責め立てる文が目立ちますが、善だって十分エゴで傲慢で強制で立場が違えば悪になりうることも世の中には多々あります。

一休歌仙に必要とされれば生きますか?
きっと満足できなくなりますよ。
あなたにとって、あなたが生きていることが得に思える事が大事でしょう?

今まで書き込んだ文にきちんと返信されたことがないので、できたら返信を望みます。

一休歌仙ではありませんが、またの書き込みお待ちしています。
 

(無題)

 投稿者:迷える人  投稿日:2008年 6月17日(火)01時29分4秒
返信・引用
  夜の街には悪しか見えてこない。ヤクを売り、体を売り、人を殺して、周りを傷つける。こんな汚れた世界から早く抜け出したい。悲しい思いや辛い思いをしてばかりで、楽しみや喜びなんてほんの少ししか味わえない。幸せな思いをしてもまたすぐに不幸が訪れてくる。薬を使う奴、レイプしてる奴、人を殺す奴、人の物を盗む奴、全部悪だ。悪に満ちた世の中で互いににらみ合いながら生きていくのは俺はやだ。俺が生きてることで何が得になる?一休歌仙さんにとって俺がいたっていなくたって何にもならない。何か得があるわけでもない。たとえ生きててよかったと思っても、そうは思わない人だっているはず。  

(無題)

 投稿者:福笑い  投稿日:2008年 6月16日(月)21時36分32秒
返信・引用
  この頃、やっと思ったのは
みんな、平等に、在るってだけです。
 

第201回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2008年 5月27日(火)07時18分38秒
返信・引用
  >迷える人への返歌

まず、返歌が大変遅くなったことを詫びたい。
君のこんなにも真摯な吐露に対して、
時間が開いてしまったことをすまないと思う。

君が書き込んだ内容から感じたこと。

君の苦しみ。
生きることへの失望。
生きていても、何もいいことなんかないや、というようなあきらめ。

正直に辛辣な思いを綴ってくれてありがとう。
それにもかかわらず、
私のリアクションがないことに対し
またがっかりさせてしまったかもしれない。
本当にすまない。


しかし、あえて反論したい。

まず、君が生きていることに、
君が生きていると言う事実そのものに
非常に大きな意味がある!
君が生まれてきた時、
君の誕生を周囲の人は本当に喜んだはずだ。
君は望まれて生まれてきたのだ。
早く君に会いたいと思っていた人だって沢山いるのだ。
君が今、こうやって生きているだけで、
実は誰かをしあわせにし、
社会を動かしているのだ。
極端なことを言えば、
ひきこもりやニート、ネットカフェ難民と言われる人たちでさえ、
その存在や生活活動が
巡り巡って社会を循環させている。
人が生きるというのはそういうことだ。


迷える人よ。
君は今、本当につらいのだろう。
だからこそ、私は君の力になりたい。
ただ、私にできることなんて限られている。
君の苦しみを受け止め、
君と話をたくさんして、
君の苦しみに寄り添い支えていきたい。

まずはこの掲示板に、
いつでもいいから、
抱え切れなくなった苦しみがあれば
記してほしい。
教えてほしい。


生きるということは、
どういうことなのか。
一緒に考えよう。

こんなことを語る私も、
人生に失望し、
自殺しようと思ったことが何回もある。
実行に移し、ひとつ間違えれば本当に死んでいたかもしれないこともある。
言われる自殺未遂だ。
当時の私の日記は病み、生きていく事に絶望し、
早く死ぬことばかり考えていた。

でも、私は生きるという選択肢を選び続けた。
その結果、
私は自分が望む職業に就き、
自分が望む相手と結婚し、
子宝にも恵まれ、
毎日子供の寝顔を見つめて眠りについている。


だから、私の経験からこれだけは言える。
必ず君にも「生きてて良かった」と、
嬉し涙を流す日が来る。
必ず。

生きていこう。
一緒に生きていこう。
 

久しぶりに書き込んどいてこんな事言うのはなんですが……

 投稿者:迷える人  投稿日:2008年 5月 7日(水)12時44分44秒
返信・引用
  つまりみんなは苦しみながら、苦痛を感じながらイヤイヤ生きろってことですか?それなら死んだほうが苦痛を感じずにすむし、無でいられる。ずっと楽だ。生きてどうなる。これからも一生苦痛を感じ続けなければならないのなら、明日にでも死んでやる。孤独じゃなかろうとなんだろうと、もうこんな苦しみから早く抜け出したい。  

第200回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2008年 5月 4日(日)01時32分7秒
返信・引用
  更新が遅いこの掲示板だけど、
ついに200という大台に乗りあげた。
とても嬉しく思う。

200と言う記念すべき回にも
やはり私は「死」について記す。

というのは、最近私の周りに「死」が多いのだ。

4月第1週は私の叔父が
  第2週は私のクライアントの伯母が
  第3週は私のクライアントの母が
  第4週が私のクライアントの祖父が
そして今週は私のかつてのクライアントが19才の若さで
旅立っていってしまった。

5週連続で間接直接の人たちが
新しいスタートを「切ってしまった」のだ。

彼らの最期を思う。
そして彼らの冥福を思う。

でも、断じて言える。
彼らは孤独ではなかった。
そして今も孤独ではない。

人は一人で生きていけない。
命があって生きているということは
孤独ではないということだ。

必ず誰かの命、何かの命の上に
今の自分の命があることに気付くはずだ。

だから
>ゆりか。

もし君がまだ「孤独だ」「誰も助けてくれない」
というのならば

方法やアプローチを再度検討してみてはどうだろう。
この世には
人の「孤独」につけこんで貪る奴らがいるし
人を「孤独」にしたがる奴らもいる。

でも、断じて言う。
ゆりか、君は孤独じゃない。

君の書き込みの中で1つだけ残念なのは
助けてもらうことが前提になっていることだ。

天は自ら助くる者を助く。

大切な人に大切にされたい。
その気持ちはよく分かる。

私が言えるのは
相手の立場に立って考えること。
もし自分が相手だったなら、どういう状態だったら
自分を助けるだろうか。
愛するだろうか。
必要とするだろうか。

「助けてくれない」
「孤独だ」
「助けてもらう努力をすればいいのか」
「愛されたい」

と言っている恋人を
君は抱きしめたいと思うだろうか。

きつい言い方だが、
他愛より、自愛が強いのではないか。
それは「恋」だ。
「~してほしい」「私だけを見てほしい」
「私を必要としてほしい」
という「乞い」だけでは
ずっと「恋」だ。

「愛」にするためには
「相」手を思いやり、
「相」手の立場に立って考え
「相」手のためにできることを考えることが必要だろう。

ゆりか。
君の思いは「恋」だろうか。「愛」だろうか。
この間で揺れるから「恋愛」なのだが。

私は君の問いに対して上記のような
冷たいことした答えられないが
熱く君を応援している。

納得いかなければまだ何度でも
この部屋を訪れてほしい。
 

おひさしぶりですが

 投稿者:ゆりか  投稿日:2008年 4月18日(金)02時51分11秒
返信・引用
  久し振りの書込みがこんな暗い内容で申し訳ないのですが


『助けて』と叫んでも
誰も助けてくれなかったら
それは孤独じゃないんですか?

『助けてもらえる人』になる努力をすればいいんですか?
じゃあどうしたら助けてくれるんですか?

自分が変わらなきゃだめだってみんな口を揃えていうけど

わたしの努力は認めてもらえないんですか?
結局他人の基準を満たさなければだめなんですか

もうよくわからないです


わたしにとって必要な人
愛してる人に

必要とされたい
愛されたい

どうしたらいいんですか
 

第199回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2008年 3月20日(木)21時40分10秒
返信・引用
  一年が終わった。
私の仕事は三月で一年が終わる。
今思うのは心地良い疲労感と、
抱え切れない反省だ。

私はずぼらで、
計画性のない人間だから、
いつもいきあたりばったりで、
思いつきで行動してしまうところがある。


そんな私が意識しているのは
「仕事には手を抜かず、全力で取り組む」
ということだ。

でも、毎年この時期は当たり前のように
「もっとあそこをこうしておけば良かった」
「なんであの時あんなことしか言えなかったのだろう」
「どこかであきらめたり、手を抜いていたのではないか」
という自責が次から次に浮かんで離れない。


しかし、先日かつて一緒に祭りを作る仕事をしてくれた、
Iさんという人という人から
涙が出るくらいありがたいメールをもらった。
本当に自分にはもったいないくらいの暖かい言葉に、
疲れも自責も吹き飛ぶ思いがした。


なんというか、許されたような思いがしたし、
私なんかの仕事や生き様を見てくれている人がいるということを再確認させてもらった。

私は孤独ではない。
目を閉じれば沢山の出会いが私を支えてくれていたのだ。
春は別れの季節だ。
だが、出会いの季節だ。

Iさんありがとう。
あなたとの出会いに私こそ感謝しています。



さて、迷える人への返歌だが。
福笑い氏が、またもや的確な返歌をしてくれているので、
私は抽象的な揚げ足取りを。

「俺は孤独だ。」
とあったが、断じて言う。
君はひとりじゃない。
孤独じゃない。
孤独なわけがない。

よ~く思い出してほしい。
よ~く考えてほしい。
君一人で生きていられるはずがない。
必ず誰かが君を支えてくれているはずだ。
本当に孤独な人間は、
「自分は孤独だ」なんて独白すらできない。

さらに註言を重ねる。
君にはこの掲示板を見ることができる目がある。
文字を打ち込むことができる手がある。
この掲示板を見ることができる経済的状況がある。

君は実に沢山の「力」を持っているのだ。
それもろくに使わずに「孤独」と勘違いするのはもったいない。

「寂しい」と叫んだか?

「助けて」と頼んだか?

「俺を見てくれ」と動いたか?
今の自分の状況の駄目だしなんて、
誰だって
いくらだってできる。

大切なのは「俺は孤独だ」と語ってからだ。
そのままでいいのか?
もし嫌ならば、動くべきだ。
何もしなければ、何も変わらない。
これは自明のことだ。

動こう。
叫ぼう。
弱音をはこう。

少なくとも、私は受け止めたよ。
だから、君は孤独じゃない。

ね?福笑いさん。
 

>迷える人さん

 投稿者:福笑い  投稿日:2008年 3月 3日(月)01時50分1秒
返信・引用 編集済
  また書き込みしても良さそうな雰囲気なので
再び持論を書かせていただきます。


過剰な言い方ですが
人は生きているだけで誰かを助けているんじゃないでしょうか。

利害関係抜きで、家族や友人、恋人との関係は持ちつ持たれつだったり
企業にとって顧客がいるからこそ、社員は生活ができる。

例を出したらきりがないですが、意識せずとも
見える所見えない所で支え合っているものだと思います。
それが人間の社会ではないでしょうか。

昼の人と夜の人を分けていますが
ヤクザやホモ、オカマだってだれかを支えてて
世界の一員として働いてるんすよ。

そして昼の人が一億総、平凡とするにはちょっと無理があると思います。
普通•平凡の解釈の異議を唱えます。

単調の生活が飽きたなら
今までした事がないことをしてみるのは如何ですか。
日々に刺激を自らに与える役目を自分に課したらどうでしょう。

誰かと喋ったり、騒いで済んでしまう孤独とは別に、
いくら家族がいても、いくら友人や恋人がいても、
孤独を感じる人は、感じるものだと思います。

そういう孤独感は自分自身と向き合っているからこそ
感じるのではないでしょうか。

私はそういう孤独を感じる事はとても大切で、
あやふやに誤摩化してはいけないものだと思ってます。

でも今日も、意識せずとも自分が誰かを支えてたり
いつか大切な人の側にいて、その人の力になれたら
とても幸せな事ではないでしょうか。
 

福笑いさん、一休歌仙さん、ありがとうございます。

 投稿者:迷える人  投稿日:2008年 2月27日(水)00時55分32秒
返信・引用
  俺は孤独だ。何処へ行っても物寂しさを感じる。街を歩いてても誰もが他人の悩みには無関心。いつも周りは冷たい視線。死んでいようが生きていようが周りにとってはどっちでもいいことだと思ってる。たいていは金かセックスのことしか頭にない奴ばっか。夜うろつく連中は、ヤクザ、麻薬売人、ホモ、オカマ。あとの人は平凡で普通の日々を送る。毎日仕事や学校に行って、日がくれれば家に帰る。ただその繰り返し。それが世の中で、それが現実。人生ってそんな退屈でこんなに孤独なものなの?(偉そうに書いてしまってごめんなさい。)  

第198回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2008年 2月24日(日)09時14分1秒
返信・引用
  携帯電話から閲覧した時に
見にくかったので、
モバイル閲覧時少し見やすくなるように変更。


雪が溶けて川になって流れていきます。
土筆の子が恥ずかしげに顔を出します。
もうすぐ春ですね。
恋をしてみませんか。

「春1番」

春風吹きすさぶ昨日
あなたは何回笑いましたか。

せっかくですから、
今日を楽しもう。
 

第197回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2008年 2月18日(月)01時08分38秒
返信・引用
  暦の上では、もう春だ。

しかし未だ現実は寒風吹き荒ぶ状況だ。

宮沢賢治は
「世界全体が幸福にならないうちは
 個人の幸福はありえない」
と語っている。

私は幸せだ、で完結できるはずがないのだ。
私の幸せは誰かの協力や犠牲などの上に成り立っているし、
私の幸せは、大きく分類して他人が関与することが大きい。

例えば
愛息が風邪を引いて
40度の熱を出せば私は不幸だし

愛息が今日も元気に
積み木遊びしながらケラケラ笑っていれば
それは幸福である。

さて、
>迷える人への返歌。

また書き込みしてくれてありがとう。

正直もうこんな不毛で
返信の遅い掲示板には
もう来てもらえないだろう、くらいに思っていたので
非常に嬉しい。

そしてまた
迷える人というハンドルネームの君が
その名の通り悩んでいることも嬉しい。

君は直面した問題から逃げない人なんだね。
それはとてもすばらしいことだと思う。

さて。
私なりの結論から先に述べれば
お金は生活の手段であって目的ではない。

福笑い氏が横から
横から素晴らしいアシストをくれたおかげで
私も意見が述べやすいが

お金など、所詮目先のことだ。

君の人生のゴールや
生きがい、喜びはどこにあるのだろうか?

今ここで、
君の書き込みに詳細に丁寧に
補綴することはできるが
まずは福笑い氏の意見も参考にしながら
自力で考えていただきたい。

ついでに宿題を。
君の文章に出てくる「世の中」って
一体どの位の規模なのだろうか?

決め付けやこだわりは
時として偏見になる。
少し心と視野にゆとりをもって
じっくり考えてみてほしい。

http://blog.livedoor.jp/hide_everfree/

 

ちゃちゃをいれるようですが

 投稿者:福笑い  投稿日:2008年 2月12日(火)01時13分4秒
返信・引用
  迷える人さん

はじめまして。
少し前から掲示板を見ていたものです。

一億総会社員でも、
一億総資本主義者でもないので

社会主義の国に行くのも
資本主義国で限りなくお金のかからない生活をするのも
好きな所行って好きなようにやればいいんじゃないっすか。
大きなくくりですけど、人の道を踏み外さなければ、私はいいと思います。

他人の評価ありきじゃなくて、自分ありき。
じゃないと人の評価も全く意味無いですよ。

迷える人さんの言う
お金など目先のことに捕らわれて判断を誤ったり、
罰にしても、罪の意識が欠けてる人間に罰は効力を無くすことも
人の高慢さがすべて理由になってくれる気がします。

ただ、迷える人さんも目先の事で
問題をいっしょくたにしていませんか。

物事にはメリット、デメリットが付きものです。
そこを踏まえた上で考えると
おのずと一番満足できない理由が見えてくるんじゃないですか。

初対面の方に大きなことを言って
しかも会話の中断をしてしまい、
失礼しました。
 

(無題)

 投稿者:迷える人  投稿日:2008年 2月 5日(火)01時28分8秒
返信・引用
  一休歌仙さんへ。      お久しぶりです。投稿が遅くなってごめんなさい。                    あれからいろいろ考えました。でもまだ何か満足できないことがあるんです。                  今の生活から何もかも全て捨てて、どこか遠くで新しい何か大きなことをやりたいって思うんです。逃げてるって思うかもしれないけど、ただこの社会に自分にあった生活がないと思って。                              お金なんかのために毎日奴隷のように働かされて仕事場でたくさん怒られながらクタクタになって家に帰ってきてそしてまた次の日もそのくりかえし。そんな人生何がいいのかわからない。      そこまでしてお金なんて欲しくないし、せっかく生きているのに人生がもったいないと思う。                              お金なんかのために人を殺したりして、みんなバカだよ!この世の中にお金なんかなければ、こんなムダに作られた車やら機械やらムダに建てられた高層ビルなんか何一つない、こんなににらみ合った世の中にならなかったはず。この考え方って間違ってますか?  

第196回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2008年 2月 1日(金)09時16分43秒
返信・引用
  星を見て地を歩む。

理想は高く、されど現実をしっかり見据える。

>sagara氏

まったくもって御氏のおっしゃるとおり。
ここでいつも偉そうに語っている自分が
恥ずかしい限り。

私は昔から時間と約束にルーズなので
懲りずに訴え続けてください。
the sunとともに、後日一杯飲みながら語りましょう。

>ふみと

ありがとう。
私もついに32歳。
年が経つのは早いとまた実感。

所感についてはまた後日。

http://blog.livedoor.jp/hide_everfree/

 

お~~っと!

 投稿者:ふみと  投稿日:2008年 1月24日(木)06時38分37秒
返信・引用
  ちょっと遅れましたが、一休歌仙さんお誕生日おめでとうございます!!
近々相方とお仕事の邪魔でもしに行こうと思います☆ではでは、あでゅ~♪
 

やっほー☆

 投稿者:sagara  投稿日:2008年 1月20日(日)02時55分40秒
返信・引用
  なんか久しぶりに覘いたら、私の日常とかけ離れてここが余りに青春臭かったから吃驚してしまいました。
最近また私的ブッコロしリストの更新がなされた心の狭い私ですが、来年はもう教育実習の年となり、こんなんでもそろそろ人にものを教えてよい資格というものが手に入ります。
あら、大人になるってこんなものなのね。どっからが大人の線引きかしらねw
結婚した友人は実感してるのだろうか。

一休さんはいつまでたっても飲みに誘ってくれないしね、、、(-三-)
the sunは電話とかで文句言ってたみたいだけど、黙ってるからってsagaraさんが何も思ってないわけではないのですよ、、、うふふ。お忙しいようで☆
 

第195回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2008年 1月18日(金)02時19分29秒
返信・引用
  冬、だ。

先日は関東地方にも初雪が降った。

敬愛する水谷先生の好きな言葉
「冬来たりなば、春遠からじ」
を思い出す。

>ヒカリ
主不在の掲示板で、主以上の的確かつ温情あるお言葉、ありがとう。
ヒカリが言っていることはいちいち最もで、
感心することしきり。
迷える人ならずとも、ヒカリの言葉に強く同意を覚えた人はおおいはず。
本当にありがとう、ヒカリ。
ぜひこれからも主の代わりに(?)どんどん書き込みしてほしい。

さて。

>迷える人。

継続した書き込みありがとう。
正直言って
私にも君が誰かまったく見当が付かないが(誰ですか?(笑))
ここでは、君が誰か、ということよりも
君が悩んでいることの方が大事である。

「今までしてきた自分を許せない」
「自分の何を認めたらいいのかがわからない」
「たくさん恥ずかしいことや人には言えないようなこといろいろした」
「自分がすごく悪い人間に思えてきてしまう」
「どうしたらいいか」
「自分なんかたいした人間でもない」

ここまで正直に自己開示できる君はすごいと思う。
こんな、いつ誰が返答するかわからないような掲示板で
ここまで自分をさらけだしてくれただけでもありがたい。

で、だ。

ヒカリの返歌に全ての答えがあると思うから
私は補足だけしたい。

君は自分を「たいした人間ではない」というが、
逆に「たいした人間」ってどんな人だろうか?
そんな人間いるだろうか?
ヒカリのいうように皆不完全で
皆足りないからこそ補い合い支えあい人間関係は成り立つ。

だから「たいした人間じゃない」からスタートしよう。

自分で自分を認められるとしたら、そのゴールはどこか考えよう。

自分の駄目なこと探ししても何も解決しない。
動こう。
「具体的に動けば、具体的な答えも出る」(あいだみつを)

君が動けば答えが出る。
君が掲示板に書き込みしてくれたから、
その返事が書き込まれる。

すべては君次第だ。

さぁ、悩んでいるヒマはない。
動こう。

http://blog.livedoor.jp/hide_everfree/

 

(無題)

 投稿者:迷える人  投稿日:2008年 1月13日(日)03時12分24秒
返信・引用
  いろいろと書いてくれてとてもうれしいです。                          顔も知らない誰かわからない人なんかの悩みにこんな真剣に答えてくれるなんてヒカリさんってとても優しい人なんですね。                      でもどうしてこんな見ず知らずの人の質問にマジメに答えてくれるんですか?                    自分なんかたいした人間でもないのに。  

(無題)

 投稿者:ヒカリ  投稿日:2008年 1月12日(土)21時16分38秒
返信・引用
  迷える人さん>

その事に対して後悔や罪悪感を感じるのはすごくいい事だと思います。中には開き直ったりなんにも感じない人も居るのだから。
でも『後悔』ではなく『反省』にしなければなりません、前に進むには。
何度も懺悔して悔やんで悩んで悩んで
でも最後は笑いましょう。

迷える人さんはどうしたいのか、それが一番です。
迷える人さんの人生は迷える人さんの人生なのだから。

自分を許したい、
幸せになりたい。

そう思うのは我が儘ではなく当たり前の事、
でもそうなるには真実や自分を受け入れなければならないと思います。

私はまだ自分の事をすきではありません。
だけど愛してはいます。
人をすきになるのと愛するのとは違うように
自分に対しても同じです。
自分は一番近い他人だと思ってます。


誰だって間違いや罪は犯します
完璧な人間なんて居ません
そうやって色々な事に気づいてプラマイになったりならなかったりするのだと思います
私もモノを盗んだり、いじめたり、色々してきました。

でも悪い事や恥ずかしい事をした分自分に返ってきます。
本当に大事なのは事実を知った上でどうするか。
違う風に言えばどうにか出来るチャンスだとも思います。


私は中学のときに何回も友達と離れられ、最終的に独りになりいじめをうけました(自業自得なのですが)
その時にやっと自分を見つめ直す事が出来、それからも勿論色々ありましたが、友達が出来ました。


今すぐに前に進めとは言いません。
変わりたいと強く思ったその時に頑張ればいいと思います。休む時間も必要です。
でも自分の事はいたわって下さい。愛して下さい。誰でもない自分が一番かわいそうです。

なんか話それましたかね;長々とすみません;
 

(無題)

 投稿者:迷える人  投稿日:2008年 1月12日(土)01時16分41秒
返信・引用
  マジメなお答えをありがとうございます。突然現れて変な質問してしまってすいません。                              そうですね。          たしかに罰することはできないかもしれない。  けど今までしてきた自分を許せないんです。自分の何を認めたらいいのかがわからなくて。      たくさん恥ずかしいことや人には言えないようなこといろいろしてきました。それを思うと自分がすごく悪い人間に思えてきてしまって。        どうしたらいいですか。  

2008年

 投稿者:ヒカリ  投稿日:2008年 1月 5日(土)17時16分37秒
返信・引用
  今年もよろしくお願いします。


迷える人さん>

初めまして、こんにちは。
私も一休さんと同じ回答で自分の罪を罰する事は出来ないと思います。
例えば罰したとしてもそれは自己満足、自分が傷つく事で少しでも安心、満を得ようとしているだけ。
全てを自分のせいにだけする事も同じような事。

ただ、罪を償おうとする姿勢は取れる事だと思います。むしろ取るべきだと私は思います。
真実に目を背けず冷静になり、受け入れる事。
それを糧にして今後に生かす事。

どんな事があってもどんなに願っても過去は変わらない
変えてはいけない
でも未来や自分は幾つでも変われる。

言葉で言うほど簡単ではない事ですが
本当に大変な事ですが
強く思う気持ちがあれば……



悪魔で私個人の意見です、気分を害されたら申し訳ない。
数ある一つの意見として眺めて頂けたなら幸いです。
 

第194回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2008年 1月 4日(金)18時21分16秒
返信・引用
  さて、二千八年。
この「二千八」て、
なんだか「ニチハ」に見える。

というわけで新年からこの掲示板を見てくれている諸氏よ、コンニチハ。


>迷える人への返歌

まずは書き込みありがとう。
この凍り付いた掲示板に新たな命が芽生えたかのような喜びだ。
ようこそ私の部屋へ。

さて、自分の罪を自分で裁くことができるか、という問い掛けだろうか。

結論からいえば、私の考えでは「できない」と考えている。

よく悪さをした子供に母親が「バチがあたるわよ」なんて教えるけれど、あれは本当だと思う。

よい行いも、わるい行いも、
全部
自分に返ってくる。

だから「迷える人」は自分を責める必要はないし、また他人の罪を責める必要もない。
お天道様はちゃ~んと見ているからだ。


だからといって、
全く反省しなくて良いといいわけではない。
心持ちも含めてお天道様は見ているし、その点一切の嘘は許されない。

こんな返答で「迷える人」の迷いが軽減すると思えないが、
是非また足を運んでほしい。

そしてその他の諸氏も是非何か印を残してほしい。

かように今年は、もう少し高い頻度での更新を心掛けたい。

この私の言葉が嘘にならないようにしなくては。


お天道様はちゃんと見ているからだ。
 

(無題)

 投稿者:迷える人  投稿日:2008年 1月 2日(水)20時54分16秒
返信・引用
  はじめまして。いきなりですが人って自分の犯した罪を罰することはできますか?誰か教えてください。  

第193回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2007年12月26日(水)21時58分11秒
返信・引用
  二千七年が終わる。

当たり前のことだが、もう二度と私たちは二千七年を過ごすことはない。

今年がどんなに幸せだったとしても、
今年がどんなに不幸だったとしても。

「覆水盆に返らず」である。

さて、今この文字を読む諸兄諸氏にとって二千七年はどのような年であったろうか。

覆水を戻したくなるくらい幸せな年だったろうか。
はたまたその逆だろうか。

いずれにしても
あと僅かでその二千七年が終わる。

大つごもりは、連続する時間をただ区切った一場面に過ぎないけれども

仕切直しするのにちょうど良い。


何も二千八年から何か新しいことを始める必要はない。
反省もいらない。

あなたであることを生きるべきである。

つとめて自分らしく過ごすことを心掛けてほしい。


日記を毎日書くことより

習い事を始めてマスターすることより

「自分」を見失わないでほしい。
自分を見失った人間は誤作動を起こし
他人はおろか、自分さえ偽ってしまう。

漢字検定協会が毎年行っている、
一年間を漢字一字で表すという催しでは
二千七年は「偽」だった。

これは世の中の様々な偽装に目を懲らすだけでなく
自分も偽装していなかったか見直し点検せよ、というメッセージとも感じとった。


ところが、人は知らず知らずに、自分を偽ってしまう動物でもある。
それは人間の性(さが)でもあるからだ。

だから、自分を偽ってしまうことがあったとしても
自分で自分を騙してしまったとしても

反省なんかいらない。

むしろ

どんなに自分を偽っても、本当の自分に戻れる場所を探してほしい。

私は今日、久しぶりに旧交を温めなおす機会を得た。

一緒に過ごした時間は僅かだったが
そこにいた自分は心底楽しみ、真実に愉快だった。

彼らと出会えたことに感謝もしたし
喜びも得た。

ありがとう、最高の同志たちよ。

私の迷い多き二千七年を
浄化してもらった思いだ。

どうか彼らが
そして、あなたが
来るべき二千八年を
自分らしくいられるように。


心をこめて、この文字を記す。




「よいお年を!」
 

第192回その2

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2007年11月17日(土)00時11分19秒
返信・引用
  相変わらず更新遅くすみません。
でも、元気です。
GOING UNDER GROUNDのニューアルバム
「おやすみモンスター」が予想外に良い!

>ヒカリ嬢

報告ありがとう。詳しくはまた語ります
幸せは当たり前に思うと、
当たり前に逃げていきます。
大事にね。

ではみなさん
またいつか。

http://blog.livedoor.jp/hide_everfree/

 

(無題)

 投稿者:ヒカリ  投稿日:2007年10月 9日(火)02時36分0秒
返信・引用
  澤崎です。相変わらず忙しそうですね;お疲れ様です。

もう知っているかもしれませんが
恋人が居ます
まだ2ヶ月少しですが
とても幸せです
これから先どうなるかだなんて勿論解りませんが
それでもお互いにいい方向へ行けたらいいと思う限りです


まぁそんな感じで元気にやっています
今度はゆっくりみんなとお会いしましょう
とりあえず村祭りはお疲れ様でした☆
 

第192回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2007年10月 8日(月)00時03分50秒
返信・引用
  >東exitさん
>チャカ
>ふみと

書き込み&反応ありがとう!

今は物理的に時間がないのでお礼のみ。
返歌はまた必ず書きます。

http://blog.livedoor.jp/hide_everfree/

 

村祭り

 投稿者:ふみと  投稿日:2007年10月 1日(月)03時05分7秒
返信・引用
  今、このタイミングでこの掲示板を見にきた人はきっと「今日くらいは一休歌仙の書き込みがあるかも」と思ってきた人も多いんじゃないかなと思います。
こんばんは。東の村を旅立った人の一人です。

29、30日に村祭りへ行ってきました。
29日は背と体のデカイヤツと、背の小さい1年9組の学級員と三人で行き、今日は一人で花火を観に行きました。
一休歌仙さんにも久しぶりに会いましたが相変わらず忙しそうで元気そうな姿を見て少しホッとしました。(笑)

両日とも滞在時間は長くありませんでしたが、故郷の空気に触れ癒された2日間でした。
あいにく雨ではありましたが、今年も楽しい村祭りになったんじゃないかなと思います。
来年も再来年も何年経ってもまた来たいと思える村祭りであり続けてほしいですね。
でもとりあえず一休歌仙さん。今年もお疲れ様でした。

またゆっくり出来る時に同級生やefの相方とお話でもしたいですね。おいしいご飯でも食べながら。
長々と失礼しました。
ではでは良い夢を…
お邪魔しました。
 

久しぶりです。

 投稿者:チャカ  投稿日:2007年 9月25日(火)06時41分51秒
返信・引用
  なんて、言えるほど関係は深くなかったですが、ボクも見ています。

なんか昔、関わりが在った人達の事は気になるんですよ。女々しいなあって思ったり、妙な安心感を感じたり、嫉妬してしまったりしながら、ちょこちょこ見ています。
「恋愛は幻想」・・・最近、好きな人が出来たのですが変な感じなんです。恋愛はドキドキしてその人の事が凄く愛しくなって夜も眠れないような事だと思ってたんですが、その人の前にいてもそういう事にはならないです。単純に気が合うなってだけ。でも、友達とも違うしなあ。大事な人ではある。
恋愛は盲目になるから、幻想が見えるのだろう。でも、ボクは全然普通に落ち着いてる。銀杏Boyzみたいに欲求不満でもないしw 今までの恋愛が幻想だったと仮定したら、今、ボクはいったいどういう状態なんだろう。そもそもこれも幻想なのか。わからん。


メモリータイプのiPodを使ってるのですが、全然壊れないですよ。HDタイプのiPodは四回ぐらい落としたら壊れたのに、十回以上落としてるのに全然快調。代わりに傷だらけですけどw
お子さんに投げられても平気かとw

http://underworld.que.ne.jp/

 

第191回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2007年 9月24日(月)01時19分50秒
返信・引用 編集済
  もう、自分で作った掲示板なのに
なんにもせんと、ただ単に放置して
限りなきインターネットサーバの片鱗を
わけもなく微少に占有している我が掲示板。

と、いうわけで
こんなに更新も驚きも感動もない掲示板を
たま~に閲覧してくださるみなさんありがとう。

定期的に観ている人なんて
フミトくらいしか思いつかないけど
いるんですね、閲覧してくださる方が。

私はもう一つこの掲示板の過去ログをまとめた
ブログも持っていますが
こちらの更新もいそがしさにかまけて
怠ける日々。

それでも毎日最低10人近く閲覧してくれてるっつ~んだから
世の中には一休歌仙なんかの言葉を
必要としてくれる人がいるんですな。

ありがたいことです。

貴重な時間を我が掲示板に費やしてくださってありがとう。

さにあらず
書き込みまでしてくれるい人がいる。
本当にうれしいです。

主が留守な掲示板だけに
書き込みはしづらいかもしれませんし、
返歌(返信)もめっちゃ遅いですが
書き込み大歓迎です。

というわけで

>ゆりかへの返歌

結局、新しいi podを購入した次第。
といっても最近出たニューモデルではなく、
通称第5世代といわれるモデルの
80GBであるが。

ゆりかのものはよくフリーズするというが、
一度メンテナンスしてもらってはどうだろうか。

今回、修理やなんやでアップルにメール送ったり
ホームページ見たり配送業者に渡したりしたが
修理に対するアップルの対応は素晴らしかった。

ぜひお試しを。

ところで
ゆりかの言葉
「人と生きるってむずかしい
 わたし苦手です 」
とあるが、全くの共感。

自分以外の人と歩調を合わせて生きていくことは
けっして簡単なことではない。
よく「恋愛は幻想、結婚は忍耐」なんていうけど
この言葉は一面の真実を述べていると思う。

なんて書くと結婚している私が毎日忍耐し、
我慢して生活しているような誤解を招くかもしれないが
我慢はないにしても
一人で気楽に生きるのと、
二人で協力して生きるのと、
家族で一緒に生きていくのは

同じ「生きる」でも
中身は全く別のものになる。
それはよいことも
   わるいこともふくめて、だ。

正負の法則から言えば、
プラスのできことがあればそれに付随して
マイナスのできごともあるわけで。

で、何が言いたいのかというと
今ゆりかが感じている「難しさ」の裏には
その分幾分かの喜びもあるはずなのだと思う。

生きていくことは難しい。
でも
生きていることは喜びでもある。

美味しいものが食べられること。
素敵な景色を眺められること。
精神を揺さぶる音楽が聞けること。
大切な人と手をつなぐこと。

自らの不幸を探して数えるのが好きな人もいれば
周囲の人の幸せを探して教えるのが好きな人もいる。

周囲の人の不幸を探してほくそ笑む人もいれば
自らの幸せを探して抱きしめられる人もいる。

かつて、「あいだみつを」は言った。
「よろこびも
 かなしみも
 すべて

 しあわせはいつも
 自分のこころがきめる」

一本の木を眺めて蹴っ飛ばす人もいれば
        スケッチする人もいれば
        写真に撮る人もいれば
        切って家具を作る人もいれば
        感動して涙する人もいる。

事実は一つ。
それをどう捕らえるかは千差万別。

人と生きることは難しい。

苦手な人も少なくない。

でも
どこかで
「人と生きるのはひょっとしたら
 楽しい事でもあるかもしれない」
と思っていてほしい。

少し世の中の見方を変えるだけで
視点をややずらす事で
解けるジグソーパズルはあるのだから。

http://blog.livedoor.jp/hide_everfree/

 

おひさしぶりです

 投稿者:ゆりか  投稿日:2007年 9月23日(日)01時25分54秒
返信・引用
  Ipodって
もろいですよね

あたしのはよく
フリーズします

Ipodって確か
充電できる回数が限られているとか
それは関係ないのかな?



最近はまた元の生活に戻って
ぐだぐだしています


人と生きるってむずかしい

わたし苦手です
 

第190回

 投稿者:一休歌仙  投稿日:2007年 8月15日(水)00時16分48秒
返信・引用
  悲しい。

こんなにもかなしいことだったとは。

君と出会ってから
君の音色を聞かなかった日はなかった。
ずっと続くと信じて疑わなかった蜜月。

いつまでも君に酔いしれていたかった。

君はやさしかった。
どんなリクエストにも答えてくれた。
どんなにわがままで
どんなにマニアックなものであったとしても
私のために音色を用意してくれたのに。

最近はわがままを言いすぎて
君のほうが困っていたみたいだったね。

歌をせがんでも
すぐに疲れてしまっていたし
もう、のべ7000曲は君に歌ってもらっていたものね。

そんな大切な切な君。
朝も夜も風呂もいつも君と一緒だった。


はぁぁ。

そんな大切な君が。
それがまさか私の子の手によって
打ち砕かれるなんて。

i pod.

30GB……。

もう君はうんともすんとも
言ってくれない。
いくらサイトに書いてある方法を
ためしてもダメだ。
心肺停止のまま。
意識すらない。

もう君との思い出は消えてしまうのだろうか。
僕が今月一番聞いた曲は何だったの?
100sだったかな?

答えておくれipod...

いくら私の子が目を離した隙に
3メートルぐらい
ぶんなげたといっても
それが2回くらいあったとしても

嗚呼。

こんなお盆。

追記:サマソニ行きました。
   レポは近いうちに。

http://blog.livedoor.jp/hide_everfree/

 

レンタル掲示板
/6